#夏

長崎の風景(8)—「オランダ坂」

オランダ坂」と聞くと、たいがいの方は、活水学院へと続く「えっ?もう終わり?」と感じる

あの坂を思い浮かべることでしょう。それで間違いはないです。

しかし、元来、いわゆる「オランダさん」がその住まいから港や長崎の街を往来した坂であれば、

すべて「オランダ坂」なのです。

今では当時の佇まいを残すきれいな石畳がそんなに多く残っていないのですが、

そういう意味では、長崎にはいろんな「オランダ坂」があるのです。
私のお気に入りの「オランダ坂」を紹介します。

イメージ 1

これは正覚寺のすぐ近くにある坂です。いつできたのか、「オランダ坂」の看板も立っていました。

イメージ 2

イメージ 3

この辺りは民家も多く、生活と密着しているため観光地化は望みませんが、

こういう生活道路としての「石畳」が残っているのは嬉しい限りです。

長崎情報 -地域生活ブログ村 <=ポチッとして頂ければこのうえない喜びでございます

関連記事

  1. #長崎県

    さようなら・・・

    今、逢いに行ってきました。その顔は、穏やかで、まさに寝てるよう…

  2. #長崎県

    茂木街道をゆく—「正覚寺」

    以前、私の母校 小島小学校を中心として周辺の歴史を堀起こしてきまし…

  3. #長崎県

    九十九島 三景

    昨日から今朝にかけて、素晴らしい時間をいただいた皆さん!本当にあり…

  4. #長崎県

    茂木街道をゆく—「徳三寺と田上寺」

    前回の「合戦場」で峠を越えましたので後は下るだけです。…

  5. #食べ物

    長崎くんち—「麹屋町」「西濱町」

    麹屋町 川船傘鉾です。川船の屋根飾り。ここは、艶や…

  6. #夏

    雨上がりの庭(2)

    予報が外れずに、今日は朝からずっと雨。そんな日の出勤から夕刻前帰宅…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP