#長崎県

素敵な長崎弁—「すねふって・・・」

さるく 」は、もはや標準語の域に達した。

って、私は思っとります。

実は「さるく」 はうろうろするというニュアンスがあるように以前から感じてまして、

いわゆる、「浜ぶら」のごとく、ぶらぶらするのは

さらく」じゃあないかなあ、と(長崎市役所の方、ごめんなさいw)。

そこで、この手の長崎弁にどういうのがあるのか。

さるく」に似ているのが「そうつく」。

さらく」と同義に使われるのが 「すねふる (脛振る)」じゃあなかろうか、と。

 たとえば、待ち合わせ時間に遅れてきた友人に対して、

「どこばすねふって、さらいて来よっとか!

って言いません?

 多分、「すねふる」っていうのは、書いて字の如し、

すね(=足)があちこちに向く=>ぶらぶらする、という感じじゃないですかね?

なんて素敵な言葉でしょう。

きれいで、上品な長崎弁の代表格だと、私は思っています。

ちなみに、私の祖母は、上の表現を「どこで油売って来よっとか!」って

いうぐらいの意味で、叱り言葉として使ってましたね。

よく怒られましたw

[https://local.blogmura.com/nagasaki/ 長崎情報 -地域生活ブログ村] <= ポチッとして頂ければこのうえない喜びでございます

.

関連記事

  1. #長崎県

    祖父の足跡を訪ねて—「端島へ」その2

    さあ、いよいよ端島へ上陸です。前回お伝えした、祖父が19歳で携わっ…

  2. #長崎県

    川棚魚雷発射試験場跡(2)

    収蔵庫から一転、目を海の方に向けると、魚雷発射試験を行なったであろう、…

  3. #長崎県

    長崎の風景 西小島~丸山~東小島

    「どんの山」めざしての街歩き。いよいよラストです。鶴鳴高校の近…

  4. #長崎県

    素敵な長崎弁—「せせかう」

    こないだのランフェスで、館内町の撮影に行った際、母親が「どこ行って…

  5. #長崎県

    素敵な長崎弁—「ばさらっか」

    大工だった親父の口癖。「あん男の仕事は ばさらっか! 町んモンやっ…

  6. #長崎県

    茂木街道をゆく—「ピントコ坂入り口」

    小島地蔵群から少し上ったところに小さな欄干があります。確かに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP