#長崎県

茂木街道をゆく—「ライオンの塔」

いよいよピントコ坂を本格的に上って行きます。
旧鶴鳴女子高校を右に見て、しばらく上っていくと・・・

 

イメージ 1
爺(じじ)石です。写真右にある大きな石がそうです。
この上のほうに、譲(ばば)石もあったそうですが、砕かれてしまってその面影はないとか。

 

ここは、小さい頃、写真の左手に、子供が隠れるくらいの祠をもつ、大きなクスの木があって、夏休みにはいつも「じゃごろ(クマゼミ)」をとって遊んでいました。
残念なことに、いつの頃か雷にうたれて折れてしまい、跡形も無く撤去されてしまいました。

 

イメージ 2 イメージ 3
この道も、すっかりきれいに舗装されてしまいました。昔は石段のゴツゴツした道だったんですけどね。

 

イメージ 4 イメージ 5
しばらく上ると、昔そのままの草薮がまだ残ってました。
奥に塔が見えますね。これが茂木道無縁塔、通称「ライオンの塔」です。

 

正徳2年(1712)天然痘が流行し3千余人の患者が出ました。
その時の死者(主に子供)を供養し、併せて長崎の平安を祈念して、この茂木街道に建てられのです。

 

イメージ 6 イメージ 7
正面は釈迦仏と崇福寺三代住職 大衡の詩文、右麺は観音仏、裏面には地蔵仏と大衡の書、
さらに正面向かって左(写真では右面)は阿弥陀如来崇福寺五代住職 義勝の書が
それぞれ刻まれています。

 

イメージ 8
そして、これが台座の礎石に刻まれている「ライオンの像」です。
日本の仏教美術には唐獅子が多いですが、ライオンを表現したのは稀で石像美術として、
長崎の彫刻史上特筆されるべきものだそうです。

 

イメージ 9
ここから長崎市街が望めます。
昔、この街道を利用した人たちは、このライオンの塔のそばで一服し、
眼下に広がる長崎の街を鋭気として、これからの上り坂に備えたのかも知れません。

 

今では、「さるく」のコースにも入っていませんが、
この街道が、それなりの要衝であったことが窺える史跡だと思います。
次回へつづく・・・。
長崎情報 -地域生活ブログ村 <=ポチッとして頂ければこのうえない喜びでございます

 

.

関連記事

  1. #長崎県

    素敵な長崎弁—「あいそも・・・」

    ヤフーニュースによると、「映画『Closed Note』の初日舞台…

  2. #長崎県

    唐八景~鍋冠山

    先日の土曜日、長崎で同時期に仕事をした懐かしい面々が集まり、いわば同…

  3. #食べ物

    長崎くんち—「麹屋町」「西濱町」

    麹屋町 川船傘鉾です。川船の屋根飾り。ここは、艶や…

  4. #長崎県

    素敵な長崎弁—「つかえる」

    長崎の実家にクルマで帰ると、母親が必ず決まって、この言葉で迎えてく…

  5. #長崎県

    小島の里—「白糸の滝周辺」

    白糸の滝の周辺を散策してみました。滝の反対側の崖に観音様が祀られてい…

  6. #長崎県

    旧街道思い出散歩④ 上小島2丁目

    生活道路としての旧街道 通称「小島の旧道」もほぼ中間あたり。ちょう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP