#長崎県

素敵な長崎弁—「どーまた」

リクエストにお応えして、「どーまた」のリバイバルですw

ものすごく元気のいい長崎の姪っこ。親戚の家に遊びに行くたびにこう言われる。

どーまた、こん子の さくさんめいかよ!

   ※ どーまた・・・なんとまあ

     個人的には、英語で言う感嘆文のWhatに相当し、「どーして、また」の略語だろうと

     思っております。

     一度、親戚の結婚式に我が子を連れていった時、あんまりわがままを言う我が子の頭をひっぱたい

     た際、おばが「どーまた」って言ってました。

     「どーして、また。そこまでせんでも!」って意味だったんでしょう。

     「どーまた」の後につづく言葉をわざわざ口に出すまでもない、
 
     奥ゆかしい、長崎人らしい言葉だと思います。

     ちなみに感情の強弱は「どー」の伸ばし方、もしくはトーンで調整する。

  

   ※ さくさんめいか・・・落ち着きのない。あわてもの。
     
     特におてんばな女の子に対して使用される。(酢の入ったお菓子ではない)

[https://local.blogmura.com/nagasaki/ 長崎情報 -地域生活ブログ村]<=ポチッとして頂ければこのうえない喜びでございます

.

関連記事

  1. #長崎県

    女商(メショウ)のねえちゃん

    銅八銭の帰り、歩いて浜町方面に行く途中、長崎女子商業学園の前を偶然…

  2. #長崎県

    素敵な長崎弁—「げさっか」

    最近はどのチャンネルつけても、グルメ番組をやっている。つい、この間…

  3. #長崎県

    素敵な長崎弁—「たぐる」

    たぐる  (独楽に紐で勢いをつけること)正月に独楽まわしをす…

  4. #長崎県

    素敵な長崎弁—「やおつり」

    昨日、4月1日はエイプリルフール。今年は、従兄弟からの突然のメール…

  5. #長崎県

    素敵な長崎弁—「えいくさる」

                             …

  6. #長崎県

    川棚魚雷発射試験場跡(2)

    収蔵庫から一転、目を海の方に向けると、魚雷発射試験を行なったであろう、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP