#長崎県

素敵な長崎弁—「こうこ」

                                            
こうこ香香)」とは、一般的に漬物のことである。

かの、池波正太郎の小説(タイトルは何だったかな?)にも「おこうこ」という呼び名がでてくる。

しかしながら長崎人は特に、 たくあんのことを指して言う場合が多い。

その証拠に、漬物のことは 「 つけもん」と呼ぶ。

ところで例によって、こんな替え歌を思い出した。

  ♪ 親父の頭に

    たくあん、乗~せて

    こーれがホントの親こうこ(孝行) ヘイ♪

    ランラララ ラララ ランラララ ラララ・・・♪

   ※「アルプス一万尺」のメロディにのせて、どうぞ!(こればっかw)

[https://local.blogmura.com/nagasaki/ 長崎情報 -地域生活ブログ村]<=ポチッとして頂ければこのうえない喜びでございます

.

関連記事

  1. #長崎県

    素敵な長崎弁—「うったたる」

    出張明けの会社での会話。私 :「出張明けはいっちょん好かん。」…

  2. #長崎県

    素敵な長崎弁—「すずるっ」

    すずるっ(あふれる) やっぱ、旨か酒はすずるっまで つがん…

  3. #長崎県

    素敵な長崎弁—「なすくる」

    久々の長崎弁ですw今日、昼食の時、後輩が、オフィス用品通販「…

  4. #長崎県

    素敵な長崎弁—「やぐらしか」

    夏休みぐらい、犬の散歩ばせんね。と言われれば、長崎の子供はたいがい…

  5. #長崎県

    素敵な長崎弁—「ばさらっか」

    大工だった親父の口癖。「あん男の仕事は ばさらっか! 町んモンやっ…

  6. #長崎県

    素敵な長崎弁—「たいがいぶり」

    もう、みなさまご存知。ふふくだ首相の辞任表明!自民党政権での、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP