#長崎県

素敵な長崎弁—「こうこ」

                                            
こうこ香香)」とは、一般的に漬物のことである。

かの、池波正太郎の小説(タイトルは何だったかな?)にも「おこうこ」という呼び名がでてくる。

しかしながら長崎人は特に、 たくあんのことを指して言う場合が多い。

その証拠に、漬物のことは 「 つけもん」と呼ぶ。

ところで例によって、こんな替え歌を思い出した。

  ♪ 親父の頭に

    たくあん、乗~せて

    こーれがホントの親こうこ(孝行) ヘイ♪

    ランラララ ラララ ランラララ ラララ・・・♪

   ※「アルプス一万尺」のメロディにのせて、どうぞ!(こればっかw)

[https://local.blogmura.com/nagasaki/ 長崎情報 -地域生活ブログ村]<=ポチッとして頂ければこのうえない喜びでございます

.

関連記事

  1. #長崎県

    素敵な長崎弁—「こしける」

    今の季節にぴったりの言葉です。 「あしたン朝は、氷点下げなばい。…

  2. #長崎県

    素敵な長崎の遊び—「じゃんけん」

    「じゃんけん」といえば、「♪最初はグー、じゃんけんぽん!♪」が…

  3. #長崎県

    小島の里—「七軒長屋の周辺」

    白糸の滝を後にして、もう一度、小島川の方に戻りました。愛宕交番横の…

  4. #長崎県

    素敵な長崎弁—「かつれご」

    今晩の子供達の食欲はすごかった。なんせ、「昼飯食わすの忘れとった」…

  5. #長崎県

    茂木街道をゆく—「正覚寺」

    以前、私の母校 小島小学校を中心として周辺の歴史を堀起こしてきまし…

  6. #長崎県

    素敵な長崎弁—「うべる」

    久しぶりの登場ですw先日、先輩の山荘にお呼ばれして、そこで懐かし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP