#読書

符丁(ふちょう)

以前、なにかの雑誌で読んだ雑学をひとつ。

ある、輸出の取引における電話でのやりとり。

「センメイを伝えます。

 大阪、北京、イタリア、日本、メキシコ、アメリカ、ローマ、ユナイテッド、以上です」

「はあ?」

みなさん、おわかりですか?

これは船名のことで、「OPINION MARU(オピニオン丸)」のことを

言っているそうです。

 昔、電話で電報を打つときに、局員が聞き間違えないように、

 柿の「カ」とか、用事の「ヨ」とかいっていた、あれであります。

 輸出書類は誤字が許されないため、アルファベットのPが、TとかEとかに

 聞き間違えることがあるため、こういう言い方になったとか。

 上の例でいけば、Oは大阪、Pは北京(ペキン)という訳です。

つまり、「符丁(ふちょう)」とは業界用語のことなのです。

最近、総理大臣も麻生さんに代わって、総選挙はいつになるのかと、かまびすしい政界ですが、

その永田町でも、業界用語は燦然たる地位を占めてます。

 たとえば、「しばらく」 「当分の間」 「近い将来までのある期間」と言えば、無期限のこと。

「善処します」は、やりません。

「いかがなものか」と穏やかに言えば、「ふざけるな!」と怒り心頭の状態なのだそうです。

しかし、一般国民に対して業界用語を使う神経って、

「いかがなものか」って言いたくなりますね。

みなさんの業界用語には、どんなのがありますか?

.

関連記事

  1. #その他スポーツ

    デスノート再び!

    佐世保にデュークが舞い降りた!…

  2. #その他スポーツ

    ありがたいなら・・・

    昨夜、久しぶりにTVドラマを最後まで見た。その中で、気になるフレー…

  3. #秋

    秋の陽だまり(3)

    朝から、すごく天気がよかったので愛犬とともにいつもの山に行ってきま…

  4. #その他スポーツ

    またもや沖縄なう。

    守礼そば、やっぱり美味いなう(^_-)-☆…

  5. #天文学

    中秋の名月

    今日は十五夜、中秋の名月を味わう日。ちょっと雲が多いかな、と思い…

  6. #社会教育

    忘れてはならないこと。

    最近、昨日の晩飯の献立も思い出せない。歳とると、どうも忘れっぽくて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP