#長崎県

素敵な長崎弁—「なんば」

巷で密かに流行っている笑い話をひとつ。

長崎のじげもんが、大阪駅で駅員さんと交わした会話。

じげもん:「すみません。ミナミはどう行ったらいいのでしょうか?」

駅  員:「なんば(難波)ですか?」

じげもん:「うわー、「なんばですか」げな! 

      おうちも、長崎ん人ね~。うれしかねえ~。

      いやあ、長崎から出てきたばっかで、ミナミに行きたかとですけど、いっちょんわからんとですたい。

      どげん行ったら、よかとですかね?」 
                

駅  員:「だから、なんば(難波)ですか?」

     

・・・このやりとりが果てしなく続くのであった。(完)

関連記事

  1. #長崎県

    素敵な長崎の遊び—「てまぜ」

    長崎の子供は、一度は学校の先生にこう注意されたものである。「そ…

  2. #長崎県

    旧街道思い出散歩⑤—「上小島2丁目~3丁目」

    ちょっと、花散策の方が忙しくて、記事のアップが遅れてましたが・・・(^…

  3. #長崎県

    素敵な長崎弁—「どんばら」

                             …

  4. #長崎県

    素敵な長崎弁—「~しこ」

    決して、相撲のトレーニングではありませんが、長崎のかわいい不良は、…

  5. #長崎県

    素敵な長崎弁—「とろくすん」

    とろくすん  (「ツルナシインゲン」 興福寺の禅僧「隠元」が伝えたと…

  6. #長崎県

    素敵な長崎弁—「みしかか」

    長崎弁は、たま~~に、濁音を濁らずに発音することがある。それがコレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP