#長崎県

素敵な長崎弁—「うべる」

久しぶりの登場ですw

先日、先輩の山荘にお呼ばれして、そこで懐かしい「五右衛門風呂」に出会った。

母親の実家で、幼稚園の頃入って以来の出会いである。

最初の火入れは先輩がしてくれたが、

その後は、同行した同僚が火の番をし、ありがたいことに私が一番風呂。

早速、嬉々として入ったものの、ムチャクチャ熱い!!

そこで、思わず出た言葉。

「薪の くべすぎばい! 、 あんまい熱かけん うべないかん!

その関西出身の同僚。

「はっ? 今の何語ですか?」

さあ、みなさんは、わかりましたか?

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「くべる(焼べる)」・・・「火に入れて燃やす」「お湯を沸かす」

 「うべる」・・・「水を足してほどよい状態にする(「うめる」とも言う)」

   ※ちなみに「くべる」「うめる」は一応、辞書にのる標準語です。

.

関連記事

  1. #長崎県

    素敵な長崎弁—「どーまた」

    リクエストにお応えして、「どーまた」のリバイバルですwものすご…

  2. #長崎県

    素敵な長崎弁—「とろくすん」

    とろくすん  (「ツルナシインゲン」 興福寺の禅僧「隠元」が伝えたと…

  3. #長崎県

    素敵な長崎弁—「みたんなか」

    この前、ずんだれが! とか、しょたくれた を紹介しましたが、こんな…

  4. #長崎県

    ああ・・・、長崎

    内閣府が12日に発表した2006年度の県民経済計算によると、各都道…

  5. #長崎県

    素敵な長崎弁—「おっとこ」

    先日、散歩中、カミさんとルークがある場所で道を反れて行きそうになっ…

  6. #長崎県

    素敵な長崎弁—「たぐる」

    たぐる  (独楽に紐で勢いをつけること)正月に独楽まわしをす…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP