#長崎県

素敵な長崎弁—「すける」

すける


(下に敷く)
「マジックペンで紙に色ば塗る時は、新聞紙ば下にすけんば畳にうつるぞ!」

 ってよく怒られたもんです。

 他にも、このすけるという言葉、ただ単に下に敷くというだけではなく、

 支える とか カバーする みたいな意味もあったような・・・

 たとえば、ソフトクリームが溶けてしたたるような時、

早う、手ばすけろ

 って言ってましたよね。

 それもそのはず、他県では漢字で「 助る(すける)」と書くところもあるらしい。

 ところでみなさんは、「すけ口」という言葉をご存知だろうか?

 下唇が上唇より出ている状態を言いますよね。

 これも、「すける」という言葉からきてて、上唇を助ける口という意味があるのかなあ、と。
イメージ 1
(これも、すけ口?)

しかし、この人の場合は、

下唇じゃなくて、手で支えないと物が食べれないのでは?www
.

関連記事

  1. #長崎県

    祖父の足跡を訪ねて—「端島へ」その3

    ちょっと間が空いてしまいましたが、いよいよ30号棟に迫ります。「その…

  2. #長崎県

    素敵な長崎弁—「なおす」

    今日、朝から、ダイドコ (台所) がガス臭かったので、もしやと思い…

  3. #長崎県

    素敵な長崎弁—「やおなか」

    今日までの2年間、一所懸命に頑張ってくれたK君。年は若いが、きめ細…

  4. #長崎県

    素敵な長崎弁—「なんば」

    巷で密かに流行っている笑い話をひとつ。長崎のじげもんが、大阪駅…

  5. #長崎県

    素敵な長崎弁—「こーん」

    長崎人(じげもん)のケンカ文句には、不思議な語尾がつく。「くら…

  6. #長崎県

    素敵な長崎弁—「こしける」

    今の季節にぴったりの言葉です。 「あしたン朝は、氷点下げなばい。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP