#長崎県

長崎の素敵な替え歌・・・が思い出せん!

突然ですが、この歌をご存じですか?

「♪ 朝だ 夜明けだ 潮の息吹
   うんと吸い込む あかがね色の
   胸に 若さの 漲る誇り
   海の男の艦隊勤務
   月月火水木金金 ♪」

これは、軍歌のひとつで、皆に親しまれた「月月火水木金金」という歌です。

これって、結構親しみやすいメロディで、

(今でもyou tubeで聞けますよ)
http://www.youtube.com/watch?v=NvCV2f1X7TQ

替え歌なんかによく使われた歌なんです。

ところで、まったく話は変わりますが、もう何年も前から、

長崎県庁の移転問題が、話題になってますね。

昔からの長崎っ子にとって、あの坂は、やはり「県庁坂」であり、

移転と聞くと、どうしても寂しい気持ちになります。

県庁といえば、

昔、親父から聞いた話なのですが、

県庁から大波止の方に下ると郵便局あり、次に県庁第3別館がありますが

ここは昭和43年頃まで長崎警察署だった建物で、当時は地下が留置場だったそうです。

今も金網が張ってあって雰囲気は残っていますよね。

そして、私は

この金網の張ってある場所にくると、

決まって、ある歌を思い出すのです。

そう、それは、冒頭に紹介した、「月月火水木金金」の替え歌。

「♪ 朝だ ケンカだ 木刀がうなる~ 」で始まり、

最後のフレーズは、
   県庁~の下の豚小屋で、一日二日(いちにちふつか)腐れ飯~ ♪」

で終わるのですが、

実は、この歌の途中の部分がまったく思い出せないのです。

昔、親父から教わった、この替え歌。

誰か、教えてくれませんか~!

ちなみに、この歌を知ってる方は、多分、現在、70歳以上の方だと思われますが・・・

なにとぞ!

.

関連記事

  1. #長崎県

    素敵な長崎弁—「あい」

    「あい、とって。」「どい?」「そい。」「ああ、こい。…

  2. #長崎県

    素敵な長崎弁—「べにさし」

    べにさし(べんさし)(秋より冬にかけて獲れる赤い魚で、一般に「ヒメジ…

  3. #長崎県

    素敵な長崎弁—「さくさんめいか」

    ものすごく元気のいいうちの姪っこ。長崎の親戚の家に遊びに行くたびにこう…

  4. #長崎県

    素敵な長崎弁—「せく」

    寒い夜の会話。「明日ん朝は、雪の降っげなよ。」「そうね。それ…

  5. #長崎県

    素敵な長崎弁—「ほとびる」

    ほとびる(ふやける、水分を吸ってやわらかくなる) これは、…

  6. #長崎県

    素敵な長崎弁—「こっぺのわるか」

    今日、髪を切りにいつもの美容室に行った。店長さんとの会話の中で、同…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP