アウトドア

涼風の中を—「男池~大戸越~北大船~風穴~男池」

一昨昨日、
「天狗ケ城」から絶景の朝焼けを堪能。
アレはあれで、チョー満足な山行であったけど、
夜中にサッと登って、サッと写真撮って、サット降りてくるだけの登山。

やっぱり、どうせくじゅうに来たからには、たっぷり思う存分歩きたい!
でも、
この猛暑の中では、いくらくじゅうでも暑い(>_<)

ならば、と
朝駆けから中一日で、再度くじゅう行きを計画。
条件は、
 ①いっぱい歩けること
 ②可能な限り涼しいところを歩くこと

んで、決めたのが
 おいしい湧水が豊富な「男池(おいけ)登山口」を起点に「ソババッケ」「大戸越」を経由して、
 「北大船」に登り、「段原」から「米窪」、そして「風穴」に降り立って元の「男池」に戻るコース。
これは、「大戸越」から「米窪」以外のコース大半を樹林帯の中で過ごせるもの。

8/18の朝3時半過ぎに自宅を出発!
今回は、カミさんも一緒です^^

イメージ 1 

「男池」に到着したのが5時40分。
手早く準備を済ませ6時ちょうどにとりつきました。
イメージ 2

清々しい男池の散策林の中を通り、お馴染みの、岩にからみついた木に見送ってもらいます。

イメージ 3

思った通りの涼しいそよ風のなか、足取りも軽く好調な滑り出し。
イメージ 4

あっという間に「ソババッケ」到着!
イメージ 5

まずは「大戸越」まで。
イメージ 6 

途中、苔むした一枚岩を発見!

そういえば、もう20年以上前、初めて「坊がつる」キャンプに連れて行ってもらった時、
このコースで登ったっけ?

今、誰かを坊がつるキャンプに連れて行くなら、絶対にこのコースは選びません^^
それぐらい嫌らしいコースですw
イメージ 7

登りにくい急坂を息を切らしながら歩きつづけ、ついに、ここをくぐれば「大戸越」という所まで到着。
イメージ 8

目の前に「三俣山」が!

この景色を真正面にみると、疲れも吹っ飛びます!
イメージ 9

傍らには「平治岳」。

6月のミヤマキリシマの頃は大勢の登山客で賑わうこの場所も、この日は3名と挨拶したのみ。

幸運なことに、ここに出た途端、雲が出てきて真夏の直射日光を遮ってくれたおかげで、
涼風を身体全体に感じる快適さを享受!
ついつい20分ほど休憩しました!
イメージ 10 

さあ、いよいよ「北大船」への登りです。

見上げると、かなり威圧感のある登りですが、カミさんついてこれるかなあ(-.-)
イメージ 11

って、いともカンタンに登頂。

なにがイヤだったかって、道が狭くて、木々が体にこすれるのが一番イヤだったらしい・・・(@_@)スゴイネ
イメージ 12

しかし、ここからの眺望はいつきてもイイなあ。
イメージ 13

向こうにそびえるは大船山

「御池」見に行く?
って、カミさんにたずねたけど、即答で「イヤッ!」(T_T)
イメージ 14

まあ、気をとり直して「段原」から東にコースをとり「米窪」火口原の縁へ。

イメージ 15

右に火口跡を見ながら、約半周。

ここでも、さっきよりも更に狭い登山路に辟易しながら、なんとか本格的な下り坂へ。

イメージ 16

途中、いろんな花に出会いました!

マツムシソウも元気です^^

しかし、ここからの下り坂はきつかった。
普通、下りではほとんど休憩はとらないのですが、ここでは2回ほど。
水もほとんど残り少なくなってきて、余計に疲労感をあおります(>_<)
イメージ 17

谷に降り立って、この標識を見たときはホッとしました^^
イメージ 18

再び、こういう樹林帯の中を歩きます。

しばらく歩くと、ヒンヤリした空気が漂う場所に出ました。

そうです、

イメージ 19

風穴に到着です!

ここは、人造の氷がなかったころ、天然の冷蔵庫として利用された場所。
イメージ 20

中はこんな感じ。

さすがに、この時期は氷はありませんが、初夏までは残ってるそうですよ!

イメージ 21

よほど気に入ったのか、ずっと中を見つめてました!

じゃなくて、こうやって涼んでるんです^^

ここで、休憩して鋭気を養いました!!

イメージ 22

その後、約1時間かけて、朝通った「ソババッケ」に到着。

道中、苔むした長い道が滑りやすくて、カミさんもここで大幅に体力をロス。
かなり疲れました(>_<)

もってきた水も、ここですべて飲み切りましたが、
でも、大丈夫、
あと30分も歩けば「かくし水」がありますからね!

アサギマダラが疲れた身体を和ませてくれました^^

さあ、がんばろう!

イメージ 23

そして、やっと「かくし水」に到着。

イメージ 24

ものすごく冷たい、天然のミネラルウオーターで顔を洗い、ペットボトル満タンの水を一気飲み!!

ムチャクチャおいしい(^_-)-☆

まさに「生命の水」でした!!!

イメージ 25

あとは、元来た道を通り、
冷たいアイスコーヒーの待つ「おいちゃん家」へ!!

しかし、今回は希望したとはいえ、よく歩きました!

朝6時に出発して、登山口前にある「おいちゃん家」に着いたのがちょうど夕方の4時。
休憩が2時間あったとしても、実に8時間は歩きました!

カミさんも今回は、かなり疲れてましたが、
真夏にこれだけ歩ければ十分!!

来月には、・・・ムフフ!(^^)!

お疲れ様でしたあ!!!!!!
.

関連記事

  1. アウトドア

    頭巾山へ

    晴天が続く中、今週こそは、と くじゅうへの朝駆けを計画していたのです…

  2. アウトドア

    暮雨の滝と平治岳の霧氷

    年始から、体調不良と忙しさにかまけ、とんとご無沙汰だった「くじゅう」。…

  3. アウトドア

    くじゅうへGO!

    土曜日からの3連休。特に計画もなく迎えてしまった土曜日。早朝には、…

  4. アウトドア

    雲海のくじゅう—「中岳」

    9月の三連休。せっかくのまとまった休みなのに、カミさんは、というと…

  5. アウトドア

    久しぶりの朝駆け~これまた久しぶりの男池

    祖母山へ2か月半ぶりの山行となった、先月の18日からちょうど2週間…

  6. アウトドア

    今年も初山はくじゅうから—「三俣山」

    登山そのものが昨年の10月初旬の大船山紅葉観賞以来。なんと3か月も…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP