#その他趣味

ゼフィルスとの出逢い (完結編)

翌朝は早いので、10:30には就寝したのですが、
遠足前の子供よろしく、全然眠れません(^^ゞ

前日夕方、下見のために1時間半ほど歩き回ったので疲れているハズなのですが・・・
自分で言うのもなんですが、
それほど、この日に懸けた気持ちは強かったのでしょうね(*^^)v

寝たのか、どうかもわからぬまま朝を迎え、時計を見やると4:30。
出発は6:13のバスに乗れればよかったのですが、逸る気持ちは抑えきれず、
結局、5:40には身支度を整え、タクシーへと飛び乗りました!(^^♪

現地へ到着したのは6時前。
天気も良く、すでに暑いくらいの日差しの中、昨日、最後にリサーチし、その存在を確認した
栗林へと急行!

早速、目を凝らしながら辺りを散策開始(^_-)-☆

と、
私の目が慣れていないのか、はたまた樹上から降りてきていないのか、全くその姿を捉えられず・・・
場所を変えて、更に散策するも、影も形も見えません(T_T)

この間、すでに1時間ほど経ったでしょうか、
一番の目撃例が多い場所で散策を続けていると、男性が一人やってきました。
すがる思いで、同類の志とも言うべき、望遠レンズを構えたその男性に話しかけました。

すると、やはりこの方も、今朝の目撃はまだないとのこと。

ちょっと安心し、でも不安とない交ぜになった複雑な気持ちの中、二人で探していると、
その方のお友達二人が現れ、しばし歓談。
余裕綽々のお二人の言動に、幾分気分もほだされ、若干の余裕も生まれてきたその時!

「いたっ!」

年配の方の方が指差す方向に目を向けると・・・
そんなところに!
というような場所。

目を凝らすと・・・

イメージ 1

なんと!

ウラナミアカシジミではないですか!(@_@)ス、スバラシイ!

その、初めて見る実物に思わず歓声をあげました!!!
それもそのはず、
今回の目的は、その時期、食性から6種類のうち、ウラゴマダラシジミ、アカシジミ、そして
このウラナミアカシジミの撮影だったのです!

そのうちの一種類が、今、目の前にいるんです!

イメージ 2

このチョウだけで、100枚は撮ったかなあ(*^。^*)
イメージ 3

無我夢中とは、まさにこのこと!
イメージ 4

このカワイイ、ウラナミちゃんの他にもう一頭が足元から飛び立ち、近くのねむの木にとまったのを
見逃さなかったのは、このtakeppe!

トップの写真は、まさにそれ!
渾身の一枚となりましたw

イメージ 5  

このときは、もうこのウラナミちゃんで十分と思っていたのですが、
やはり、余裕が出てくると、欲がでるもの。

ウラゴマダラシジミと、昨夕樹上を舞っていたアカシジミもなんとかこの目で見てみたい!

この後、先ほどのお二方と行動を共にし、
いろんな穴場を教えていただきながらの散策となりました(*^。^*)

イメージ 6  

途中、珍しいガを見つけたりとか、ウアゴマダラシジミとルリシジミを間違えたりとかしながら、
楽しいひと時を過ごしましたが、
肝心のゼフィルスは、その後ぱったりと見つかりません(-_-;

時間もすでに散策開始から、3時間以上経過し、9時をまわっていたのです。

時間的には、10時にはここを出ないと次の用事に支障が出るので、だんだんと焦ってきました(^^ゞ

そこで、朝一番に訪れた場所へともう一度行くことを提案し、
少々、早足で現地へ向かったところ・・・

先ほどすれ違った、もう一人のカメラマンの方が私を手招きするではありませんか(゜o゜)

注意深く、忍び足で、その指差す方向をみると、ナント!!!!!!!!!

イメージ 7  

ミドリシジミではありませんか!

時期的には、もう少し日を待たなければならないハズのゼフの王様が、目の前にいるのです!

イメージ 8  

なんという幸運!

まわりの方々も、今年最初の目撃例ですよ!とのこと(@_@)ナ、ナント!

イメージ 9  

確かに時刻は9時半をまわってましたので、このとき、羽化したばっかりのようです。
イメージ 10  

翅がまだ伸び切ってないことからも、間違いないようです。

これもまわりの方々が言っていたのですが、
ここで、このミドリシジミが撮影できれば、目的の80%は達成したようなもんですね、と(*^^)v

イメージ 11

こうなれば、あとは、コバルトブルーに輝く表翅を見るのみ!と思っていたら、
さあっと飛び立ち、その神秘色のブルーを見せてくれました(*^^)v

もう、
息を呑むしかありません。

本当は、静止したままの状態での開翅を待ち、写真におさめられれば最上の喜びなのですが、
さすがに、そこまでは・・・(^^ゞ

このとき、時計は9:55を指していました。

あと、一時間ほど待てば、もしかしたら・・・と思いますが、もう時間がありません。

お世話になったみなさんにお礼を言って、その場を立ち去ろうとした瞬間、
最高のプレゼントがっ(^_-)-☆

 
イメージ 12  

なんと、ミドリシジミが、服の上に!!!!

もう、なんも言えねえ~~~~~(^_-)-☆
いろんな思いがこみ上げる中で、
「また、おいでね~~」と挨拶されてるようで、最高のプレゼントとなりました(*^^)v

帰りの新幹線の中で、ニヤニヤしてたのは言うまでもありませんw

さあ、
今週、福岡に帰ったら、あの先輩にこの写真を見せてあげなくちゃ(*^^)v
.

関連記事

  1. たからもの

    湯布院の夕陽 Vol.3

    テントウムシ君の季節だね・・・               …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP