アルプス遠征

2015 南アルプス 鳳凰三山縦走 二日目 天空の散歩道

南御室小屋で迎えた縦走初日の夜。

 

夕方から雲が湧き始め、日が暮れる頃には星も見えない曇り空。

 

天気予報もあまり芳しくなかったのですが、

 

ご来光を拝むべく、八時の消灯前に就寝です(^_-)-☆
日の出時刻は4時40分(最近は、腕時計でわかるんですよ(*^^)v)

 

ここから鳳凰三山の最初に現れる「薬師岳」までは1時間ちょっとの距離。

 

準備等を考えて、携帯のアラームを3時半にセットしました!
消灯と同時に眠りに落ちたらしく、

 

ふっと目が覚めると、時刻は3時15分!

 

ちょうどトイレにも行きたかったので、そのままソオーッと身支度を整え外へ出ると、

 

既に二組ほどのパーティが準備運動をしてました。
私も念入りに準備運動をして3時40分に暗い夜道を出発です!

 

もちろんヘッドランプは着けてますよ!(^_-)-☆
出発して30分ほどすると林の木々の間から、黎明のあかりがチラチラ。

 

日の出前のショーが既に始まろうとしてるのを見ると、

 

図らずもペースアップ!
間もなく森林限界を越えると・・・
イメージ 1

 

太陽光線が放射状に拡散してます!

 

山頂よりずいぶん手前ですが、急いでカメラを取り出し撮影開始!

 

(ここからは大きくして見てくださいね!)
イメージ 2

 

間もなく、見事な朝焼けが始まりました!
イメージ 3

 

東南の方向に目をやると、遠くに富士山!
イメージ 4

 

雲海の上に浮かんでるようにも見える、我が国最高峰の山!

 

これが見たかった~~~~(^_^)/

 

イメージ 5

 

あとは目の前で繰り広げられるショーに、ただシャッターを押すだけ。
イメージ 6

 

そして、朝陽が顔を出します。

 

イメージ 7

 

西の方を見やると、モルゲンロートに輝く白根三山がっ!
右から日本第二の高峰である「北岳

 

真ん中に「間ノ岳

 

そして「農鳥岳」と3千メートル級の山々が雄々しくそびえています(*^^)v
いずれ、そっちにも行くからまってろよ~と

 

心の中で叫んでました!(^_-)-☆

 

イメージ 8

 

しかし、この日は最高の日の出!

 

劇的な雲に恵まれ・・・
イメージ 9

 

雲海も大きく広がり、息を呑むシーンが続きます(#^.^#)
やっと我に帰ると既に周りには誰もいません(^_^;

 

急いでザックを担ぎ、「薬師岳」に向かいます。
イメージ 10

 

途中、「薬師岳小屋」を通り過ぎ、
イメージ 11

 

薬師岳」の山頂が目の前に広がります!

 

小高い丘のようですが、ちゃんとした山頂。
イメージ 12

 

5:32 無事、標高2,780mの「薬師岳」山頂に到着!

 

イメージ 13

 

白根三山をバックに!
イメージ 14

 

既に朝日がまぶしさを増してきました!
イメージ 15

 

さあ、

 

これから次の目的地「観音岳」に向います!

 

しかし、ここから続く白砂の登山道(花崗岩の浸食によってできたそうです)は

 

身震いするほどの感動に打ち震えた、忘れえぬ道程となりました!
イメージ 16

 

右の眼下に雲海を眺め・・・
イメージ 17
イメージ 18

 

足元には可憐な高山植物

 

イメージ 19

 

後方には「富士山」と、

 

これを至福の時間と言わずして、何が幸せでしょう。
イメージ 20

 

あっという間に次の「観音岳」へ到着。

 

標高は2,841m。
ここからの眺望はさらに感動モノ!
イメージ 21

 

次の目的地である、

 

右下にみえる「地蔵岳」を従えて、南アルプスの雄「甲斐駒ヶ岳」を一望!
イメージ 22

 

そこから左に目を移すと、女王「仙丈ヶ岳」まで!
イメージ 23

 

こんな景色を見ながらの弁当が美味くなかろうハズがない!(*^^)v

 

本当に名残惜しく、

 

いつまでもここに佇んでいたい気持ちをグッとこらえて、

 

最終目的地「地蔵岳」を目指します。

 

時に6:40!
イメージ 24

 

地蔵岳」が近づいてきました!

 

ここは、奈良時代から続く信仰の山で、この独特の形をなした石の塔、

 

通称「オベリスク」が特徴的な山です!

 

鳳凰の名をいただくこの連山も、この山の形状、

 

そう、鳳凰のくちばしが天を点き、なだらかにその翼を広げた形をしていることからついた名前

 

だそうです。
この日は天候が良く、

 

左奥には「八ケ岳」も見えてますね!
イメージ 25

 

7:40 「賽の河原」へ到着。

 

その名前のとおり、「地蔵群」が迎えてくれました。

 

昔から子宝に恵まれない方々がここの地蔵一体を持ち帰り、

 

めでたく子ができた場合には、お礼に二体の地蔵様を献上したそうです。

 

合掌して通り過ぎます。
イメージ 26

 

オベリスクは神が宿ると言われており、

 

中腹にある、祠にお参りをして下山しました。
イメージ 27

 

時刻はちょうど八時を指してました。

 

イメージ 28

 

これで鳳凰三山のすべてを辿ることができました。

 

時刻も計画より1時間早め。

 

感動を胸に抱き、あとは下るのみ。

 

イメージ 29

 

途中、「鳳凰小屋」でまたまた、南アルプスの天然水を満喫し、

 

バス亭のある青木鉱泉を目指します。
しかし、この急坂は堪えました(>_<)

 

延々4時間弱にもおよぶ下り道。

 

途中、

 

イメージ 30

 

五色滝を始めとする4つの滝が心を癒してくれますが、

 

最後はヘロヘロになりながら、

 

イメージ 31

 

青木鉱泉へ到着!

 

ここで、腹ごしらえのカレーライスをいただき、

 

温泉に浸かり二日間の汚れを落として無事帰宅!

 

といっても、

 

バス1時間、韮崎から新横浜まで特急で2時間、

 

最後は新幹線で2時間揺られての長旅で、

 

いやあー、結構、疲れました!
でもね、

 

それだけかけても、行く甲斐のある山ですよ!
終わり
.

関連記事

  1. アルプス遠征

    2012 屋久島遠征記(2) 宮之浦岳登頂編

    迎えに来てもらったタクシーに乗り込むと、まずは、前日注文しておいた…

  2. アルプス遠征

    憧れのスイスへ(5) — Silberhochzeit-Jahrestag

    【第6日目】スイス観光としては最終日の今日。 Victor…

  3. アルプス遠征

    2018北アルプス 裏銀座縦走 前編

    初めて北アルプスを歩いたのは2013年。4日かけて槍ヶ岳を目指した「…

  4. アルプス遠征

    南アルプス遠征 — 貴公子と女王に逢いに(その1)

    前回、八経ヶ岳に行った帰りに、次は南アルプスに行きませんか?&nb…

  5. アルプス遠征

    北陸遠征—「白山」 その2(最高の晩餐(^_-)-☆)

    「延命水」で喉を潤した後、ほんのわずかで&nb…

  6. アルプス遠征

    2012 屋久島遠征記 あとがき

    屋久島遠征記、あれだけ連載しといて、まだ書くんかい(-.-)と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP