アルプス遠征

今年最初で最後の北アルプス — 常念岳(後編)

図らずも、
女性ソロトレッカー3人との楽しいおしゃべりによって、
とても、
標高2,450mの山小屋とは思えない艶やかな雰囲気のまま
散会しました(*^。^*)

程なく、部屋に戻り、寝床の準備を終え、
今回の山行の最大の懸案であった、翌日のスケジュールを
練り直します。

もともとは、常念岳から蝶ケ岳へのルートは、
槍ヶ岳から穂高連峰に連なる、素晴らしい山々を眺めながらの
縦走が最大の魅力なのですが、

実は、
私が、このルートにあこがれた理由はそれだけではないのです。

敬愛する「田淵行男」さんが、日本で初めて、
「高山蝶」と呼ばれる特殊なチョウの生態を解き明かしたのが
麓に広がる安曇野の地であり、
その「高山蝶」がもっとも多く生息するのが、このルートなのです。

但し、
今のこの時期、それらのチョウたちが見れる可能性はかなり低く
そのため、当初、この山行は7月から計画していたのでした。

いろんな事情から、この9月の終わりにずれ込んだことは、
既に説明しましたが、
この期に及んでも、まだ諦めきれずにいたのです。

しかし、悩みは結局、この夜も解決せず、
出した結論は、
明朝、常念岳の頂上に登ってから決めよう!でした(^_^;

そうと決まれば、あとは寝るばかり。

幸い、今回の同部屋の方々はみなさん紳士ばかりで、
消灯したのは、
まだ、カミさんが働いているであろう、夜の7時!

目覚ましもかけずに、ぐっすりと就寝(*^^)v

目が覚めたのは、午前3時半。
手早く準備をし、4時半前には常念小屋を後にしました(^^♪

小屋をでると、いきなりの登りで、頂上までは約1時間!

前日の好天によりかなり冷え込んでいますので、服装は真冬の
くじゅうに近い装備です。

それでも、花崗岩の積み重なった登路を20分も登れば、汗も出てきます。

なるべく、汗をかかないように調整しながらの登り。

そして、頂上手前で・・・

イメージ 1 

待望のご来光です!
イメージ 2

次第に明るんでくると・・・
イメージ 3

雲海のむこうに、「浅間山」が見えます!

確か、初代のゴジラは、この火口から出現したんじゃなかったかな?(*^。^*)

そして、

イメージ 4

遠く、「富士山」もそびえています!

さすがに日本一の山は、どこからでも見えますね!(^_-)-☆
イメージ 5

順序が逆になりましたが、常念岳の頂上!

標高2,857mの頂きに立ちました(*^^)v

昨日までの体調がウソのような清々しさ!
山はtakeppeのお医者さんですねw

イメージ 6 

西に目をやると、まさに穂高連峰オールスター!

イメージ 7

槍ヶ岳から左に大キレットへ。

イメージ 8

そして、豪快な穂高の面々。
右から
北穂高岳」、その横が「奥穂高岳」、そして一番左に「前穂高岳」!

ああ、
この瞬間に、今日の行動が決まりました!

目で眺める穂高はこれで十分!
来夏に登ろう!

イメージ 9

そうと決まればハナシは早い!
もと来た道を引き返します!

常念の頂上から眺める「横通岳」。これでも2,450mありますよ!
常念小屋が小さく見えてますね(^^ゞ

イメージ 10

35分ほどかけて、元の常念小屋に到着。

最後にもう一度、錦秋の色帯びた、常念岳に別れを告げます。

イメージ 11

来るときには気付かなかったけれど、紅葉がいい感じですね。

イメージ 12 イメージ 13

そして、ゆっくり名残惜しむように下って、
11時ちょうどに元の登山口に到着しました。

「山の神」さまに本日のお礼を言って、呼んでおいたタクシーに乗車。

行き先は?

イメージ 14

イメージ 15

モチロン、

念願の「田淵行男記念館」!

上でチョウが見れないなら下界で、と、かねてから訪れたかった場所に到着!

残念ながら、内部の撮影は禁止されているのでお見せできませんが、
有名な高山蝶のスケッチや、とても趣味とは思えない山々の写真、
そして、
今とは程遠い、重量のあるカメラや登山装備品など、
ここでしか見れない、先生愛用の品々をじっくりと見ることができました。

ああ、もう満足。
やっぱり、早めに降りてきて正解でした!

だって蝶ケ岳経由だと下山は5時すぎなので、閉館してしまってますからね。

近くの大浴場(温泉が意外とないんです)で汗を流すと、
もう全くの健康人!
返す返す、山に、自然に感謝です!(^_-)-☆

もう一度かえりに記念館へ戻ってタクシーを待っていると、
ここで大発見!

イメージ 16

アゲハチョウの幼虫のそばに、今まで見たこともないカメムシが!

これは新発見か!

とは早とちりw

調べてみると、「アカスジキンカメムシ」の越冬幼虫とのこと!
このカメムシは、5齢幼虫の姿で冬を越すとのこと。

始めてみるカメムシに大興奮のtakeppe!

これも、ルート変更と田淵先生のおかげ、かな!

これにて、波乱の常念岳山行はおしまい!

最後まで、ありがとうございました!
.

関連記事

  1. アルプス遠征

    憧れのスイスへ(3) — Silberhochzeit-Jahrestag

    【第4日目】いよいよ、今回最大の目的地のひとつ、マッターホルンの雄…

  2. アルプス遠征

    2012 屋久島遠征記(5) 苔むす森編

    ウィルソン株で写真撮ったりしてるうちに30分ほどが経っていました。…

  3. アルプス遠征

    北アルプス遠征—立山~五色ケ原~薬師岳(1日目)

    このところ、東京に住んでいながらまとまった休暇の取れる夏季休暇時以外は…

  4. アルプス遠征

    2018北アルプス 裏銀座縦走 後編

    今夏の北アルプスは天候が不安定。この日の予報も雨であったが、4時の…

  5. アルプス遠征

    2012 屋久島遠征記(2) 宮之浦岳登頂編

    迎えに来てもらったタクシーに乗り込むと、まずは、前日注文しておいた…

  6. アルプス遠征

    2013 北アルプス 表銀座縦走編プロローグ

    山を愛する者なら、誰でも憧れる「日本アルプス」。世界遺産登録に沸く…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP