アウトドア

白銀のくじゅう

久しぶりに福岡へ帰ってきた三連休の初日は、

歳も押し迫ってきている中で、各方面へのご挨拶も兼ねて、長崎へと行ってきました。

これも久しぶりとは言え、長崎の街をゆっくり見て回るほどの時間もなく、

親のところでゆっくりと「皿うどん」を食べるのが、親孝行も兼ねたくつろぎの時間となっています。
とは言え、

翌日の天気は、これまた大荒れの天気から一転、快晴の予想。

山の天気をみてもナカナカの好天!

ならば、と行ってきました、くじゅう連山(^_-)-☆
但し、長崎からの帰りが夜中の12時前だったこともあって、朝駆けは無理。

ゆっくり睡眠をとって7時起床。

ルークの散歩もしっかり済ませ、自宅を出発したのが8:30。
それでも渋滞には会わず、久住夢大橋の辺りまでは快調に車をすすめました。

ところが、先般からの大雪で、そこから登山口の牧ノ戸までは路面の雪が溶けておらず。

いくらスタッドレスとはいえ、ゆっくりと車を走らせること20分。

やっとの思いで牧ノ戸に到着したものの、今度は駐車場が満杯(@_@)
上段の駐車場はまだ空きがあるものの、雪がすごくて除雪しないと普通車では無理(^_^;

仕方なく、峠を越えた向こう側にやっと一台分を確保。

準備を済ませ、11時ちょうどに出発です!
一般車道もアイスバーン状態なので、最初からアイゼン装着。

アスファルト道をしばらく歩き、牧ノ戸登山口には11:17に到着しました(^_^;フウ~
これまた久しぶりの牧ノ戸名物コンクリート道も、この日ばかりは積雪のため歩きやすかったですよ^^

沓掛山を越えると、

イメージ 1 

雪の重みで木々の枝がたわみ、ちょうどトンネルのようになっている中を快調に歩きます!

イメージ 2

久住山が見えてきました。

この辺りで、

この時期、牧ノ戸から入山するのは初めてじゃなかったかなあ、とか考えてるうちに

なんとなく、身体がきついのを感じだしました。

脚は全然疲れていないのにヘンだなあ、と思い、

よくよく考えると、朝飯くっていないのに気づき(^_^;

急いで避難小屋にエスケープし、朝飯用のサンドイッチと昼飯用の弁当を平らげて、

歩き出すと、あ~ら不思議、身体は絶好調!

単なるシャリバテでしたね(^_^)/

イメージ 3

しばらくして、「御池」に到着!

イメージ 4

幻想的な雰囲気の写真でも撮れるかなあ、とか思ってたんですが

完全氷結の上に積雪してるんで、ただただ真ったいら(-.-)

仕方なく、

この上を渡って対岸に着くと、そこから、これまた久しぶりの「中岳」を目指します。

イメージ 5

ここからの展望は、「大船山」がガスに遮られ、その姿を最後まで確認できなかったものの、やはり絶景!
イメージ 6 
(大きくなりますよ~)

稲星山や、
イメージ 7

久住山が、真っ白な姿で鎮座まします。

寒そうな景色とは裏腹に、あたたかい陽射しの中、ゆっくりと至福の時間を過ごした後、

もと来た道を引き返します。

イメージ 8

下山途中、

ガスに覆われる「天狗ケ城」が幻想的でしたね(^_-)-☆
イメージ 9

久住山もガスまみれ・・・

でも、

こんな時は・・・
イメージ 10

そう、

でるんですね~、ブロッケンが(^_-)-☆
山の魅力を十分満喫して、ゆっくりと下山開始。
イメージ 11

久しぶりののんびりとした山行を楽しみながらの下山です。
イメージ 12

登る時はガスで見えなかった三俣山も真っ白!
イメージ 13
 
沓掛山に近づく頃には陽も傾きだし・・・(^^♪

イメージ 14

駐車場に着く頃には、オレンジ色の夕焼けが・・・
イメージ 15

くじゅうの山々を
イメージ 16
アーベントロートに染め上げていました。

.

関連記事

  1. アウトドア

    由布川峡谷

    先週に引き続き、今週末も、「くじゅう」へ朝駆けのつもりで準備だけはしと…

  2. アウトドア

    今年、初の朝駆け — 星生山

    長者原の駐車場で一夜を明かし、朝2:40に起床。クルマの外に出ると、…

  3. アウトドア

    ミヤマキリシマ偵察山行—「平治岳」

    今週ずうっと忙しかったので、疲れのたまった身体では週末の山行も無理かな…

  4. アウトドア

    雲海のくじゅう—「中岳」

    9月の三連休。せっかくのまとまった休みなのに、カミさんは、というと…

  5. アウトドア

    久住登山 (その4)—下山

    ならば、と大鍋に向かうことにした。道すがら、ドウダンツツジの群生す…

  6. アウトドア

    山、紅に — 「北大船山」

    先週末、6月7日の土曜日。目が覚めたのは午前3時半。しかし、天気…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP