昆虫

ジョウカイボンとコメツキムシ

先日、おもしろいツーショットを見つけた。
(と、いってもおもしろいと思うのは私ぐらいなんだろうけどw)

イメージ 1

左がジョウカイボン。 右がコメツキムシである。

ジョウカイボンとは漢字で「浄海坊」と書く。

そう、熱病に侵されて死んだ平清盛法名である。

では、なぜ平清盛なのか?

多少、こじつけ臭いが、
→ 熱病は熱い。 
→ 熱いは火傷。 
→ 火傷のような水ぶくれができる毒素にカンタリジンというのがある。
→ このカンタリジンをもつ虫がジョウカイボン。
→ しかし、実はカンタリジンをもつのはジョウカイボンそっくりのカミキリモドキという虫。

と、最後は、ジョウカイボンとはなんの関係もないオチまでついている。
一方でコメツキムシはご存知のとおり、背中を下にしてひっくりかえすと、

パチンという音とともに、跳ね上がって着地する虫のこと。

いわゆる、キャット空中一回転である。
(コレ知ってる人は私と同世代ですなあ~w)

これは、頭の部分をバネのように弾かせる様が、昔の米つき(モチツキじゃないところがミソ)に

似ているところからついた名前。

そう、ペコペコと頭を上下させることをコメツキバッタのようと形容するのと同じである。
(ちなみにコメツキバッタとは、ショウリョウバッタを捕まえて、
 その大きな後ろ足を二本そろえてもつと、その意味がわかります)

(ちなみにその2。その様子からバッタのことを長崎ではギッチョンギッチョンと呼びます)
と、話は長くなりましたが、

要はこの写真を「おもしろいツーショット」と思った理由は、

平清盛に出会ったコメツキムシが平身低頭している様に見えたわけです。

あ~~しんどw
.

関連記事

  1. #夏

    夏の主役たち

    今朝、久しぶりにカメラをもって近くの原っぱまで散歩に行った。午前9…

  2. #その他趣味

    水温む春

    疲れ果てた今週、9時間の睡眠から目覚めたtakeppeは、少し傾い…

  3. 昆虫

    ミツバチからのメッセージ

    先日、キリンビアパークのコスモス園に行ったとき、沢山のミツバチたちが…

  4. #その他趣味

    One day a grand slum — ゼフィルス in 舞岡

    今年もまた行ってきました、ゼフィルス撮影!関東にあるこの自然公園で…

  5. #その他趣味

    憧れのギフチョウ

    この前の日曜日、「大和葛城山」で見事、ギフチョウの撮影に成功したことは…

  6. 昆虫

    今日はムシの日

    今日は梅雨を目の前にして、赤い色の甲虫のお勉強。さて、次の虫はなん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP