#その他祝日、記念日、年中行事

お盆の過ごし方

タイトルのお盆は、もう遥か彼方に過ぎ去ってしまった10月。
ちょっと、季節外れではあるものの、お付き合いください。

皆さんは、お盆に、
お坊さんにお経をあげにきてもらう(「回向」という)時、
その到着が、必ずしも約束の時間ぴったりじゃないことに腹をたてたり、
愚痴を言ったりしたことはありませんか?

かく言う私は、
15日の○○時頃、来ていただく予定が一時間も延びたりした場合、
必ず口にするのが、
「これじゃあ、どこにも行けやしない」
 とか
「後の予定が狂ってしまう」
 とボヤいたりします。

ここに、我が家が檀家となっている長崎のお寺のご住職が、寺の機関紙に書かれた、
この夏のエピソードをご紹介します。

イメージ 1
「お盆の期間中には、毎年必ず「時間通りに回向に来ない」という問い合わせがある。
 (略)今年のお盆も葬式がありました。14日の夕方にはお坊さんが熱中症で入院
 しました。予測不可能な事態が発生し、日程が多少変わります。
 ほとんどの方は、事情を説明する事によって理解してもらいましたが、中には
 「自分達の都合もあるのだ」と言い張り、何度も電話がかかってきます。(略)
 昔から、お坊さんが家にやってくるのを、一日ゆっくり待つのがお盆の過ごし方でした。

それにしても信仰を同じくする家にお葬式が出来たり、菩提寺の僧侶が病気で倒

 ても、そんな事情はそっちの都合と言われると、
 寺檀の関係とは何なのか。お釈迦様の教えはどこにいったのか。
 それよりも困ったときには、お互い助け合う、人としての道はどこへいったのか。
 と、思わず電話の声が荒くなってしまいました。」
 

イメージ 2

私自身、このエピソードを読んだ瞬間、ガーンと一発殴られたような気がしました。
特に、「信仰を同じくする家にお葬式が出来たり」のくだり・・・
たぶん、我々の祖父・祖母の時代は別として、
現代のほとんどの方が、同じ信仰者としての横のつながりは全くないといっていいのでは?

信仰においてすら(そもそもお盆の行事を信仰心から捉えていない?)、「そっちの事情」「こっちの都合」
と相手を非難する時代。
モンスターペアレントやクレイマーがのさばるハズである。

戒めなければ・・・

そして、来夏のお盆は午後に予定を入れることなく、豊かな気持ちで待つこととしよう。

.
.

関連記事

  1. #誕生日

    ありがとう!

    昨日、夜遅く、飲んだくれて帰ってくるとテーブルの上に小包が置いてある。…

  2. #長崎県

    3連休だあ~

    久々の3連休。なにしようかなあ。どこ、行こう…

  3. #その他祝日、記念日、年中行事

    菩提寺

    暮れも押し迫ってきましたね。今月は、親父の祥月命日。お…

  4. #食べ物

    長崎の夜はむらさき

    40年来の友と飲む酒は、故郷への思いを、また一段と強くする・…

  5. #俳優、女優

    日本映画 黄金期の真髄

    先日、「武蔵寺」に藤を見に行ったのは記事に書いたとおり。このお寺は…

  6. #家族

    器用な女

    出来そうで、出来ない・・・と思いません?.…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP