#その他趣味

西日本最高峰を目指して—「石鎚山」 その1

大阪転勤以来、年に一度は日本アルプスを縦走しようと心に決めていたのですが、

今年の夏季休暇は、その前後の煩雑さから、とても縦走準備は無理(-_-;

どうしようかと思案していたところ、

ふとしたキッカケで、山友達の「Ranpo note」のランポさんと山行計画で盛り上がり、

夏のアルプスは人が多いから、7月の連休に四国に行こう!と相成りました(^_-)-☆
んで、決まったのが西日本最高峰 四国は愛媛県の「石鎚山」。

以前TVで見た、あの垂直の鎖場に少々ビビるも(゜o゜)

若いランポさんに元気をもらえばなんとかなるさ!と

山行計画は横着にも、ぜ~んぶ、ランポさんにお任せしての山行です(*^^)v
(とは言いながら、ランポさんは長崎からの遠征なんですよ)
いよいよ出発の18日土曜日、

いろんな仕事をやりくりして、定時で退社。

ところが、新幹線の故障で下りの便が大幅に遅れてるとの情報(@_@)

急いで住まいに戻り、汗びしょびしょになりながら着替えを済ませ、

予定より40分く新神戸駅に着き、35分遅れの「のぞみ」に飛び乗った。
混雑で連結部に立ったままの30分はあっという間に過ぎ、

手配していた、20:38発の「しおかぜ27号」になんとか間に合い、

予定通り11時前には、伊予西条駅前のホテルに到着しました。
まるで、

青春時代の恋人に逢うかのような気分で(*^^)v

既に別部屋でくろいでいたランポさんに連絡をとり、ぐっすりと就寝しました(^_-)-☆

翌朝7:43発の登山口行バスに乗り、一時間ほど揺られて石鎚ロープウェイ乗り場へ。

イメージ 1 

そして、9:10山頂成就駅に到着です。

イメージ 2

本当に、ココは信仰の山。

山への入り口も、

イメージ 3

こういう感じ。

登山の無事は、ご神体である

イメージ 4

石鎚山」に御祈願<m(__)m>

今から、神様そのものに挑戦させていただきます(^^♪

イメージ 5

途中、小休止で、

なんとランポさんがお土産にと持ってきてくれた、「長崎物語」を頂きました!

長崎人のソウルフード

元気百倍になりますね(^_-)-☆
イメージ 6 

そうこうしているうちに、1時間ほど経った頃、

最初の難関、「試の鎖」に到着(@_@)

全部で4か所ある鎖場のうち、最初に現れるこの鎖場。
っていうか、これのどこが「試し」やねん!(゜o゜)

上り48メートル、そして向こうには下り19メートル。

最初から迂回路はないやろ!

ということでチャレンジです(-_-;
と、

なんとか登り切り、向こうに下り終えたころには、両足がパンパン。

息もかなり乱れ・・・青息吐息とはこのこと。

緊張して、かなりムダなパワーを使ってしまったみたい(^_^;

しばらく休憩して、

なんとか、山行継続です(+_+)

イメージ 7

昔、ロープウェイがなかった頃、修験者の方々がここで夜明けを待って頂上の「弥山」を

目指したと言われる「夜明け峠」に到着。

まだまだ、先は長いです(^_^;
ここを過ぎると、「一の鎖」が待っています。

イメージ 8

ここは全長33メートル。

「試の鎖」で慣れたせいか、スムーズに制覇!

んで、

次の「二の鎖」は、迂回路の経験も必要(^^ゞ

ということで、鎖場をパスしましたが、これは大失敗!

なんともきつい階段の連続。

最後は、絶対鎖場を行くぞ!という気持ちになるほど、きつい迂回路でした(T_T)

イメージ 9

で、着いたのが山頂手前、最後の「三の鎖」。

しかし・・・

頂上が見えないんすけど(^_^;
イメージ 10 

これまでで一番長い68メートルに、ランポさんから挑みます!

イメージ 11

続いて、なんとか私も「三の鎖」をクリアすると、すぐに山頂神社が現れ、「弥山」への到着です!

雨も覚悟しての山行でしたが、

なんとか途中の小雨程度で、以降は晴れ間ものぞく好天気。

ありがたいことです(^_-)-☆
しばらく休憩したのち、

イメージ 12

東側にそびえる、石鎚山最高峰「天狗岳」を目指します!

ここは、両側がスパッと切れ落ちた、スリル満点の尾根。

天候が悪い時は、登頂禁止になるほどの難所。

登る前は躊躇してましたが、ここまでくれば行かないワケにはまいりませんw
イメージ 13

結構な高度感(*^^)v
イメージ 14

でも、全面の雄大な景色に励まされ、
イメージ 15

切り立った岩場を渡り切り、
イメージ 16

遂に、標高1982メートルの「天狗岳」山頂に到着!

最初は、鎖場や難所以外は大したことないと舐めてましたが、どうしてどうして。

結構な達成感!

この天狗岳も最高の場所。まさに百名山の風格です!
しばらくは感動と雄大な景色に癒されながら、ゆっくりくつろぎタイム。

んで、ランポさんの写真を撮ってると・・・
イメージ 17

あり得ない角度から人の姿が・・・(゜o゜)ナンデ?
イメージ 18

人間業じゃないですよね(^_^;
イメージ 19

振り返ると、山小屋が天空の城のように見えてました(^_-)-☆
このあと、無事、山小屋に戻り、缶ビールで乾杯!

至福のひとときでした(^_-)-☆

イメージ 20

受付を済ませ、部屋に通されると、こんなにきれいな内装。

しばし、くつろいでいるとなにやら外が騒がしい。
出てみると・・・
イメージ 21

素晴らしい、大自然からの贈り物。

夕刻前のブロッケンなんて、生まれて初めての経験です!

これから訪れる、日の入りのショーを前にして、

これ以上ない、ねぎらいのプレゼントでした!
つづく

関連記事

  1. アウトドア

    白銀のくじゅう

    久しぶりに福岡へ帰ってきた三連休の初日は、歳も押し迫ってきている中…

  2. #その他趣味

    憧れのギフチョウ

    この前の日曜日、「大和葛城山」で見事、ギフチョウの撮影に成功したことは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP