#その他祝日、記念日、年中行事

思い草—「ナンバンギセル」

「道の辺の尾花がもとの思い草いまさらになどものか思はむ」

万葉集にでてくる歌です。

イメージ 1

「思い草」とは、このナンバンギセルのこと。

ナンバンギセルとは、寄生植物の代表格。
今年も、我が家のある団地の片隅で、きれいな紫色に色づいたこの花は、

この写真のようにススキなどの草の根元に寄生して生えています。

イメージ 2

歌の意味は、

「道端に生えている尾花(ススキ)の根元に寄生して咲いているナンバンギセルのように、
                あなたなしでは生きられない私は、今さら何を望むでしょう」

というぐらいの意味でしょうか?

イメージ 3

南蛮貿易が盛んなりし頃、南蛮渡来人の使っていたキセルに見立てた花の由来よりも、

万葉人が詠んだ、この切ない恋心の方がずっとロマンチックですよね^^

.

関連記事

  1. #その他趣味

    だいだい色

    先日、ブログ友の師匠??さんの記事で12色のクレパスの写真が載っていた…

  2. #その他祝日、記念日、年中行事

    我が家の精霊流し

    我が家は毎年、お盆は県外の自宅で我が家流を貫いています。普通のお盆…

  3. #冬

    名前は知らねど・・・

    落ちた花びらがきれいだな、と思った。カミさんが私の実家から…

  4. #その他祝日、記念日、年中行事

    女装カフェ

    「五つぼ」の余韻を引きずった翌日の朝、携帯の呼び出しに起こされた私。…

  5. #その他祝日、記念日、年中行事

    長崎くんち—「銀屋町」

    いよいよ最後です。銀屋町 鯱太鼓傘鉾です。この町は旧町…

  6. #その他祝日、記念日、年中行事

    長崎くんち 2016 「人」

    華麗で、勇壮な奉納踊りは、長崎の人々の心意気に支えられています。そ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP