#その他祝日、記念日、年中行事

思い草—「ナンバンギセル」

「道の辺の尾花がもとの思い草いまさらになどものか思はむ」

万葉集にでてくる歌です。

イメージ 1

「思い草」とは、このナンバンギセルのこと。

ナンバンギセルとは、寄生植物の代表格。
今年も、我が家のある団地の片隅で、きれいな紫色に色づいたこの花は、

この写真のようにススキなどの草の根元に寄生して生えています。

イメージ 2

歌の意味は、

「道端に生えている尾花(ススキ)の根元に寄生して咲いているナンバンギセルのように、
                あなたなしでは生きられない私は、今さら何を望むでしょう」

というぐらいの意味でしょうか?

イメージ 3

南蛮貿易が盛んなりし頃、南蛮渡来人の使っていたキセルに見立てた花の由来よりも、

万葉人が詠んだ、この切ない恋心の方がずっとロマンチックですよね^^

.

関連記事

  1. #春

    庭の梅

    ルークの右後脚は、麻痺が進んで、もうほとんど動きません。左後脚も時…

  2. #その他祝日、記念日、年中行事

    赤い実

    この時期、まわりを見渡すと緑の葉と赤い実の組み合わせ、いわゆる「クリ…

  3. #秋

    まだまだ元気です。

    先日の月曜日、ルークといつもの山に散歩に行くと、数少なくなったア…

  4. #その他祝日、記念日、年中行事

    春の兆し

    もう、これが咲いてるんだね。 暖かくはなって欲しいけど、…

  5. #その他祝日、記念日、年中行事

    束の間の春

    先週には、こんな花も見られたのに、今週は厳しい寒波の到来。…

  6. #春

    今年は出会えましたよ—「ヤマシャクヤク」

    先日、ブログにあげた、「御輿来海岸」の撮影に行った5月3日。実は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP