#長崎県

素敵な長崎弁—「せく」 「せつなか」

突然の腹痛で、夜中、病院に駆け込んだのだが・・・

腹の痛か時は、長崎弁でなんて言うんだろうとか考えている自分がいた。

普通は、

「腹の せく

というのがポピュラーな長崎弁。

もっとおもしろいのないかなあって、一人考えてると、
                       
そう言えば、親父がよく下っ腹が痛いときによく使ってたことばで

せんしゃくのする」

って言ってたなあとか、

更に、ばあちゃんが、体の痛いことを

せつなか。」     

って言いよったなあ、とか思い出していた。                                              

ちなみに、「せんしゃく」は

高校生のとき、「蜻蛉日記」かなにかに

主人公が、「せんしゃくなどおこりて」(腹痛が生じて)って言う、文章が出てきて

「ああ、これは長崎弁じゃないんだ」って考えたのとか

しょーもないことを思い出してました。

いやー、入院って、いいもんですねw

[https://local.blogmura.com/nagasaki/ 長崎情報 -地域生活ブログ村]<=ポチッとして頂ければこのうえない喜びでございます

.

関連記事

  1. #長崎県

    小島の里—「愛宕中央公園~白糸」

    この愛宕中央公園で伊吹さんとしばらく話し込みました。そして、愛宕…

  2. #長崎県

    素敵な長崎弁—「ねまる」

    真夏の会話。(ちょっと時期ハズレで、すみません)「こん、クソ暑…

  3. #長崎県

    素敵な長崎弁—「じゃごろ」

    じゃごろ(クマゼミ)ちなみに、ツクツクボウシは?H1>ずぐ…

  4. #長崎県

    川棚魚雷発射試験場跡(1)

    近代産業遺構というよりは、戦争遺構といった方が良いと思います。先日…

  5. #長崎県

    祖父の足跡を訪ねて—「端島へ」その1

    ここに一枚の古びた写真がある。 裏には、「大正五年三月十五日…

  6. #長崎県

    第2の故郷

    先週の土曜日、久しぶりの長崎へ。そして翌日、更に南へ、親戚の伯母さ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP