#長崎県

素敵な長崎弁—「たぐる」

たぐる


  (独楽に紐で勢いをつけること)

正月に独楽まわしをする子供達を、あまり見かけなくなりました。

場所もないし、危ないから・・・とかの理由で、どんどん廃れていっています。

イメージ 1

昔は、単に独楽をまわすだけではなく、

相手の独楽に自分の独楽をぶつけて回転を止めるのはもちろんのこと、

回転の止まった独楽にまわっている自分の独楽をぶつけて、ひっくりかえす遊びをやったものです。
その際に必要なのが、「たぐる」というテクニック。

回転の弱まった独楽の鉄芯(けん)に、

イメージ 2

両手に持ったこの紐で、勢いをつけ、独楽を自在に操る。

これの上手な子供ほど、一目置かれる存在でした。
長時間、中腰のままでたぐりますんで、

背筋力も自然と強くなったんですよね。
そうそう、

そういえば、トランプなどのカードをシャッフルすることも たぐるって言ってましたね。

もしかしたら、たぐる という言葉には

自在に操るという意味があったのかも知れません。

.

関連記事

  1. #長崎県

    素敵な長崎弁—「しまこぶ」

    しまこぶ(コガネグモ)今では、鹿児島のそれが有名だが、昔は…

  2. #長崎県

    素敵な長崎弁—「せせる」

    せせる  (魚をつっつく) ※ちなみに、せせっている…

  3. #長崎県

    素敵な長崎弁—「きゃあ」

    とお~っても疲れたとき、おもわず出る言葉。「きゃあないた!」…

  4. #長崎県

    素敵な長崎弁—「しょたくれる」

    わりとお洒落できれい好きだった父親から、学生の頃よくこんな風に怒られて…

  5. #長崎県

    素敵な長崎弁—「こっぺのわるか」

    今日、髪を切りにいつもの美容室に行った。店長さんとの会話の中で、同…

  6. #長崎県

    素敵な長崎弁—「ねまる」

    真夏の会話。(ちょっと時期ハズレで、すみません)「こん、クソ暑…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP