#長崎県

素敵な長崎弁—「かぶ」

長雨、うっとおしいですね~

先週から、ずうっと天気は崩れっぱなし。

また今日も、明日も雨だそうな。

これが、梅雨時だったら、きっとアレがあちこちに顔出しますよね~

そう、アレ。

アレとはもちろん、「かぶ」 (カビ)のことです。

長崎では、昔からカビのことを「かぶ」と言うんです。

これには、ちょっとしたエピソードが。

まだ、私が高校生ぐらいだった頃、親父と連れ立って正月の買い物に行った時のこと。

中年ぐらいの店員さんに、
「このモチは杵つきね? 機械やったら、「かぶ」のすぐ生えるけんね!」

きょとんとする店員さんに、私は「カビのことです。」と通訳。

これぐらいの年の人でも知らないんだから、
さすがに親父の言った「かぶ」は、親父だけの言葉なんだ、と

私の長崎弁語録から除外されていました(^_^;)

ところが、です!

つい先日、「長崎の郷土料理」という本を偶然、目にし、なんとなく調理法のページを眺めていたところ、

「※かぶが生えないように、保存には注意すること」

という、地元のお母さんの言葉がのっているじゃありませんか!

ページの端には、ちゃんと「※カビのこと」と注釈つきで!!

あれから、30有余年。

親父の使った「かぶ」はれっきとした長崎弁だったことを確認いたしました!

親父!ごめんね m(__)m

お詫びに「かぶ」を素敵な長崎弁に認定いたします!

.

関連記事

  1. #長崎県

    素敵な長崎弁—「かたぎる」

    先日、長崎の知人と電話で話していた時のこと、その知人は「○○さんは…

  2. #長崎県

    素敵な長崎弁—「ぬかる」

    夕食で焼き魚を食べてた時のこと。「ご飯ば 食(た)ぶっ時に、な…

  3. #長崎県

    素敵な長崎弁—「すらごと」

    すらごと とは、 「うそ」 「つくりごと」の意味。今日は、言っ…

  4. #長崎県

    我が家の味—ベニサシ

    昨年の正月にも紹介したベニサシ。(これだよん)今年もいただいてきまし…

  5. #長崎県

    小島の里—「お茶の水井戸周辺」

    「八丁車」地区にある高平橋です。ここから、国道側に行くと東小島方…

  6. #長崎県

    第2の故郷

    先週の土曜日、久しぶりの長崎へ。そして翌日、更に南へ、親戚の伯母さ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP