#長崎県

素敵な長崎弁—「べにさし」

べにさし(べんさし)


(秋より冬にかけて獲れる赤い魚で、一般に「ヒメジ」と呼ばれる魚のこと)

イメージ 1

南蛮漬けを食べないと正月が来た気がしません。

それもベニサシの南蛮漬けを・・・。

南蛮漬は、長崎の正月にはなくてはならぬ料理の一つです。なぜかって?

それは、これこそがポルトガル人が南蛮の味を長崎の人達に伝えた第一の味であるからです。

そしてなにより長崎から全国に広まったものだからです。
英名でベンサシゴートフィッシュ

シーボルトコレクション(図鑑)に種小名をbensasiと記載してあるそうです。

その色を由来とする「紅差し」が先なのか、bensasiが先なのか。

いにしえに思いを馳せ、今回、長崎弁として紹介しました。
 
.

関連記事

  1. #長崎県

    素敵な長崎弁—「びっしゃげる」

    この前のボクシング世界タイトル戦は、久々におもしろかった。その時、…

  2. #長崎県

    素敵な長崎弁—「~おけ」

    「~おけ」  (~甲斐)「博多でトルコライスの店ば見つけたばい」…

  3. #長崎県

    素敵な長崎弁—「しょうとる」

    昔の人は、よ~言うたもんばい。「 しょうとる 子供ほど、かわいい。…

  4. #長崎県

    素敵な長崎の遊び—「てまぜ」

    長崎の子供は、一度は学校の先生にこう注意されたものである。「そ…

  5. #長崎県

    我が家の味—ベニサシ

    昨年の正月にも紹介したベニサシ。(これだよん)今年もいただいてきまし…

  6. #長崎県

    素敵な長崎弁—「さくさんめいか」

    ものすごく元気のいいうちの姪っこ。長崎の親戚の家に遊びに行くたびにこう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP