#長崎県

小島の里—「八丁車」

母校 小島小学校から愛宕山方面に上ってみます。

イメージ 1
小学校体育館から真上の階段を65段、
更に車道を横切り172段のぼります。(膝が笑ってますw)

イメージ 2
目指すは、長崎名勝図絵にある「水紋石」です。
下方に書いてある、お稲荷さんはもうありません。

イメージ 3 イメージ 4  
ありました、ありました。
岩永氏によると、当時子供達はカンボコ石と呼んで遊んでいたそうです。
もっと隆起がはっきりしていたそうですが、今では、民家の裏庭みたいになっていました。

イメージ 5 
やっとのことで小学校まで戻り、校門前の道を高平町方面に下りて行くと、
あれ? ここは昔「三八ラーメン店」じゃなかったかな?
よく、チャンポンの出前をとったのになあ・・・。
屋号を書いたヒサシの骨だけ残っていました。

奥に見えている橋は「ひさぎ橋」といい、その右手に

イメージ 6 イメージ 7
「オランダ井戸」があります。
昔は常用されていたそうで、特に「オランダ人(外国人)」がよく来ていたことから
この名がついたそうです。

イメージ 8 イメージ 9
またまた、ニャンコがいました。ん?木登り中?            「ひさぎ橋」から小学校を望みます。

ここから、国道に出ると、崖沿いに
イメージ 10
小林竹仙が詠んだ句碑があります。(さるくの旗が立ってましたよ~)

イメージ 11 イメージ 17 イメージ 18
「竹仙」とは俳号で、この方は、この「千畳橋」を渡ったところにあった銭湯のご主人で
屋号を「小島温泉」と名づけていました。

イメージ 12 イメージ 15
この「千畳橋」を渡った細い通りは、「野菜果物店」「魚屋」「饅頭屋」「床屋」「生菓子屋」さんなどで賑わって
ました。小さな商店街みたいでしたよ。
ここは、私の過去ログにも書きましたが、小さい頃よく通ってた銭湯です。
銭湯の帰りに、お菓子を買ってもらってた記憶があります。

イメージ 13 イメージ 14
今も当時、銭湯に行くために使った鉄橋(私橋)が残っています。
1985年ぐらいまでは現役だったそうです。

岩永氏によると、このあたりから正覚寺下電停までを「八丁車」と呼んだそうです。
由来はこの一帯に八つの「水車」があったことからきてるそうですが、定かではありません。
先ほどの句碑は、その水車を題材にしたのでしょう。

イメージ 16
ここは、小島川の中でも、私の大好きな所ですが(右手の家は幼馴染の実家ですw)、
このあたりに水車があったなんて、もうメルヘンですね。
次回へつづく・・・。

いよいよ次回は終点、正覚寺下電停付近です。

長崎情報 -地域生活ブログ村 <=ポチッとして頂ければこのうえない喜びでございます

.

関連記事

  1. #長崎県

    素敵な長崎弁—「べにさし」

    べにさし(べんさし)(秋より冬にかけて獲れる赤い魚で、一般に「ヒメジ…

  2. #長崎県

    北帰行?

    彼岸も明ける24日。この日は、くじゅうの頂きにも冠雪が見られたのです…

  3. #長崎県

    素敵な長崎弁—「みたんなか」

    この前、ずんだれが! とか、しょたくれた を紹介しましたが、こんな…

  4. #長崎県

    素敵な長崎弁—「なおす」

    今日、朝から、ダイドコ (台所) がガス臭かったので、もしやと思い…

  5. #長崎県

    素敵な長崎弁—「からう、かためる」

    子供の頃、毎朝のようにこう言って怒られてました。 「早う、ランド…

  6. #長崎県

    海は覚えてる—「福田の長崎遊園地跡」

    たまたま長崎に帰省するタイミングで何気なく覗いた クロさんの記事がきっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP