#長崎県

素敵な長崎弁—「ひぐらす」

ひぐらす (へぐらす)

夏も半ばにさしかかると、朝方暗いうちから、また

夕暮れから暗くなるまで、物悲しく鳴くセミの声が聞こえてきますね。

イメージ 1

それが、ヒグラシです(写真)。

秋の季語にもなっているセミで(・・・が、今年は早くから鳴き始めていましたね)、

日本人が大好きなセミでもあります。
本来、「日暮らし」という言葉は、朝から暮れ方までを通してそうする様と辞書にあるように

標準語なのです。

そう、あの「徒然草」にも出てきますね。

(似たような言葉に「ひねもす」というのがありますね)

ところで、これが何故、私の「素敵な長崎弁」に出てくるかというと、

長崎では、夕方遅く、日が暮れてまで頑張って働くことを

「ひぐらす」と言うからなんですね。

うちの親父は、通りがかりに遅くまで働いている人(お店)を見かけると

必ず、「ひぐらすのお」と声をかけていました。

今で言う、「残業、がんばるねえ」といったニュアンスがあったのでしょう。

私は、夏の夕暮れに「ヒグラシ」の物悲しい声を聞くと

今は亡き、親父の素敵な長崎弁を思い出します。
長崎情報 -地域生活ブログ村 <=ポチッとして頂ければこのうえない喜びでございます

.

関連記事

  1. #長崎県

    素敵な長崎弁—「どーまた」

    リクエストにお応えして、「どーまた」のリバイバルですwものすご…

  2. #長崎県

    出会い

    連休の二日間、長崎に行ってきました。目的は、郷土史研究家の「岩永 弘…

  3. #長崎県

    旧街道思い出散歩④ 上小島2丁目

    生活道路としての旧街道 通称「小島の旧道」もほぼ中間あたり。ちょう…

  4. #長崎県

    母校周辺の坂道

    前にもふれたけど、先週の日曜日、空いた時間でK中周辺を散策した折、…

  5. #長崎県

    素敵な長崎弁—「煮えくさる」

    私は、はっきり言って「鍋奉行」です。具材を入れる順番はもちろんのこ…

  6. #長崎県

    素敵な長崎弁—「がんにゃ」

    昨日の記事で、各都道府県の一人当たり所得で、わが長崎県が、堂々の4…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP