アウトドア

久住登山 (その4)—下山

ならば、と大鍋に向かうことにした。

道すがら、ドウダンツツジの群生する地帯を抜けて行く。
ちょっと、紅葉には遅かったようだが、それでも、その赤い色は素敵である。
イメージ 1
ちょっとだけ射してきた陽射しを浴びて・・・。

イメージ 2
ふと足元にも、きれいな紅葉が。

イメージ 3
そして大鍋を見下ろす位置までやってきました。
ここも、火口跡なのでしょう。
底には、不思議と木が生えていません。

ここまで、「南峰」「北峰」とふたつの頂上を極め、そろそろ体力も尽きかけている中、
まさか、この底へは降りないよな、と安心しきっていた。

イメージ 4
しかし・・・、

なぜか、大鍋の底からの写真が存在する。

降りるのはラクですよ、確かに。
でも、ここからまた来た道を上がるんですよ。ホントに。

イメージ 5  
紅葉はまた一段ときれいです。
後で調べると、この辺りが紅葉の最大のポイントだとか。
いいところに連れてきてもらいました、ハイ。
(でも、これは帰ってからの感想w)

大鍋の底をあとにし、さらに急な登りを上がって行きます。

イメージ 6
すると、本峰の北面にある岩場の陰から、またもや由布岳が見えていました。

この右肩の岩に登って見ると、絶景とのこと。
薦められましたが、丁重にお断りしました。
(だって、もう足が言うこときかないんですもんw)

イメージ 7
そして、三つ目の頂、本峰の頂上に到着。
時間はちょうど11時でした。

イメージ 8
更に、そこから10分でⅣ峰に到着。
ココから見えているのは、阿蘇根子岳です。

ここで、やっと昼食休憩です。
まさか、3時半に上り始めて、昼食を山の上でとるとは思ってもいなかったですけど、
先輩の奥様がおいしい弁当を作ってきてくれてました。
玉子焼きがおいしかったなあ。   

イメージ 9
昼食を終えて、12時に出発。16分ほど歩いて西峰に到着です。
すごい!
これで三俣山の全峰を一日で登頂しました。
私にとっては、生まれて初めての快挙です。

きつかったけど、やっぱり山はいいです。
さあ、あとは「すがもり越」経由で来た道を下っていけば無事下山だ。

と、奥さんがなにやら言っている。
北千里を歩きたい」だって。

なにい~!!!

イメージ 10
北千里って、この白い蒸気があがってる山の左下。
あんな、人間が豆粒みたいに見えてる、あそこを歩くの?
(ウソだろ~)

イメージ 11
しかし、なぜかこの写真。
はい、歩きましたよ。
もう、どうにでもなれ、の心境です。

ここから、「久住分れ」に至る登りを歩き(さすがに久住山には登りませんでした。アハハ)
無事、非難小屋に到着。
ホントなら写真を撮らなきゃいけないのに、もうカメラを持つのもきつい。

最後にひとつ、星生山横の別れから直登し、最後の紅葉を写真に納めるのが精一杯でした。

イメージ 12
それが、これ。

もう無理です。
そして、二度と来るもんか、と真剣に思ったのもココ。
ここから後は、一気の下り。

ところが、この下りがまたすごい。

延々と1時間、下りっぱなし。

途中わき道でオシッコするのに、両足がプルプル震えてタイヘン。

やっとの思いで、もとの大曲の駐車場に着いたのが、ちょうど夕方の4時。

なんと、休憩を除くと、7時間44分歩いてたらしいです。
(先輩、良く計算してましたねw)

もう、はっきり言って立てませんでした。イヤ、ホント。
しかし、

その後、帰り道に馬子草温泉の「きづな」という温泉で、たっぷり一時間。

今日の疲れをほぐすと、

あーら、不思議。普通に歩けるじゃないですか!
帰りも先輩が運転してくれて(本当に頭が下がります)

無事、先輩の家に着いたのが9時前。

「ご飯、食べていき。」

という言葉に甘えてごちそうになりました。

それなら、ということで我が家からとっておきの日本酒をもってきて宴会のスタート!

くう~、ビールがうまい!
イメージ 13

結局、家に帰り着いたのが12時過ぎ。
家を出たのが夜中の1時半だから、24時間近くの山行でした。

しかし、先輩もすごいけど、その奥さんももっとすごい!
だって、あれから料理作って、更に最後まで酒飲んでたんですから・・・。

これから、付き合い方を考えないと・・・www。
でも、本当にありがとうございました。

最後に全工程です(赤い線が今回の山行ルートです)。
イメージ 14
(写真はすべてクリックすると大きくなります)
来月はどこ行こうかなあwww

.

関連記事

  1. アウトドア

    ちょっと寄り道—男池~かくし水

    GWのオートキャンプ当日。目が覚めた直後から、なんとなくけだるい感じ…

  2. アウトドア

    Sea to Summit —「六甲最高峰から有馬温泉へ」

    今春の転勤以外を含めると大阪(正確には兵庫県の方が長いですが(^^ゞ)…

  3. アウトドア

    40年ぶりの阿蘇「高岳」

    今回の連休は、1泊2日で「木曽御嶽山」か、もしくは日帰りで「大台ケ原」…

  4. アウトドア

    春の使者 マンサク

    今年も、毎年恒例の、くじゅうの春の風物詩 マンサクの見物に佐渡窪へ行…

  5. アウトドア

    今年の初登山もくじゅうから(^。^)

    昨年の11月に「大台ケ原」に行ったきり、2カ月以上も空いたのは本当に久…

  6. アウトドア

    きづな forever

    「きづな」で迎える、 最初で最後のお正月。そし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP