#佐賀県

川南造船所(2)—「内部」

前回紹介した外部から、胸を高鳴らせて、その内部へと入っていくと、

イメージ 1 
他の廃墟にはない、なにか荘厳ともいえる佇まいが現われます。

イメージ 2
逆打ち工法のように、「当然」の如く存在する、根元を失った柱。

イメージ 3
生い茂った植物が、緑のカーテンのよう。

イメージ 4
朽ちかけた標語も、今の世を風刺するかの如く鮮明。

イメージ 5
誘われるように、陽の光の方へ進んでいくと・・・
イメージ 6
其処には、圧倒的な空間が広がっています。

イメージ 7
ここが、廃墟として人気が高い理由のひとつに、
かなり良質な施工と精度の高い型枠技術があるような気がします。
イメージ 8
なめらかなコンクリート壁は、まるで美術館のような美しさをたたえ、
イメージ 9
効果的に配された、

イメージ 10
まるい開口部は、この遺構の象徴的存在。

イメージ 11
返す返すも、取り壊されることが残念でたまりません。

イメージ 12
この、柱の一本だけでも残せないか、
イメージ 13
・・・そう感じさせる荘厳さでした。

.

関連記事

  1. #その他経済

    ソロバンドック

    小学生の頃、社会科見学ではじめて訪れた場所。小菅修船所、通称、ソロ…

  2. #福岡県

    筑後川昇開橋

    先週日曜日、柳川の川下りから帰る途中、ふと思い立って、隣の大川市へやっ…

  3. #佐賀県

    川南造船所(1)—外観

    先日、ずっと前から気になっていた、伊万里にある「川南造船所」、正確に…

  4. #佐賀県

    世界一の登窯—「飛龍窯」

    昨日、せっかくのイベントも、悪魔退治完了の気の緩みからか、すっかり風…

  5. #長崎県

    川棚魚雷発射試験場跡(1)

    近代産業遺構というよりは、戦争遺構といった方が良いと思います。先日…

  6. #長崎県

    祖父の足跡を訪ねて—「端島へ」その3

    ちょっと間が空いてしまいましたが、いよいよ30号棟に迫ります。「その…

コメント

    • バッタコブランド
    • 2020年 2月 25日

    懐かしい場所ですね
    久々に見に来ました
    今はvr案なんてあるようですね
    まとめサイトに紹介されていました

      • takeppe
      • 2020年 3月 01日

      コメント…ありがとうございます😊
      vr案があるんですね。
      ホントは現物が残っている事に意義があるんでしょうけどね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP