#長崎県

素敵な長崎弁—「おびく」

「おびく」とは「きびな」等の、ちいさな魚の背骨やはらわたを、手でさばくこと。

親指を使って、ムニュっと^^

脇で見てる分にはカンタンなんだけどね。

イメージ 1

(画像提供:NMさん)

そうそう、

この魚、正式には「きびなご」って言うんだけど、

これも、長崎弁では「きびな」って言いますんで、ヨロシク!

ああ~~、

これを「酢味噌」で食べると、日本酒がススムんだよなあ~

.

関連記事

  1. #長崎県

    素敵な長崎弁—「おっとこ」

    先日、散歩中、カミさんとルークがある場所で道を反れて行きそうになっ…

  2. #長崎県

    祖父の足跡を訪ねて—「端島へ」その2

    さあ、いよいよ端島へ上陸です。前回お伝えした、祖父が19歳で携わっ…

  3. #長崎県

    女商(メショウ)のねえちゃん

    銅八銭の帰り、歩いて浜町方面に行く途中、長崎女子商業学園の前を偶然…

  4. #長崎県

    小島の里—「愛宕中央公園~白糸」

    この愛宕中央公園で伊吹さんとしばらく話し込みました。そして、愛宕…

  5. #長崎県

    素敵な長崎弁?

    突然ですが、皆さんは次の言葉の意味、わかりますか?「こん、ツラク…

  6. #長崎県

    旧街道想い出散歩⑦—「愛宕3丁目」

    このシリーズ、昨年の8月に⑥を掲載したあと、自分で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP