アウトドア

マンサクをたずねて—沢水~佐渡窪~鉾立峠~白口岳~沢水

前回の山行から、約一カ月のご無沙汰。

ずうっと週末の雨に泣かされ、やっと晴れた日は用事でダメ。
これが延々と続いて、気がつけばもうお彼岸となっていた次第ですw

お彼岸と言えば、昨年も中日にマンサク鑑賞へと出かけたのを自分のブログの過去記事で思い出し、
急遽、出かけることにしました。

今回は、当然マンサクの鑑賞が主目的ですが、
もうひとつ、GWの無謀な計画?に向けて、自分の現在の体力を確認したかったんです。

それで、
一応、荷物もわざわざ必要のないアイゼンや2リットルの水、
それから、カメラにも重たいバッテリーグリップを装着し、レンズも2本と、
各種食材と食器まで詰め込んで、
総重量18キロ(キャンプすることを思えば軽いんですけどね)のザックを担ぐことにしました。

んで、やってきたのは沢水のキャンプ場近くにある展望台の駐車場。

イメージ 1 

天気は快晴ではないですが、阿蘇根子岳がはっきり見えてました。
ここを7:40に出発です!

最初は足取りも軽く、快調なペースだったのですが
15分もしないうちに息が乱れ、

イメージ 2

くたみ分れに着く頃には、妙な疲れ方でした(涙)
もともと、車を運転してる時から、吐き気に悩まされていたので心配はしてたのですが・・・

しかし、この超スローペースにご機嫌だったのは、誰あろう、同行してくれたカミさん。
「今日は全然きつくないね!」
とのたまう笑顔には参りましたw
んで、肝心のマンサクはというと、

イメージ 3

鍋割峠までの道中には満開ちょっと手前の花をつけた高木がたくさん出迎えてくれます。

イメージ 4

この辺りで、この開花状況だと佐渡窪はほとんど開花してないのでは?
と思うくらい、きれいな色の花をつけてましたよ。

マンサクに勇気づけられて、

イメージ 5

なんとか、

イメージ 6 

鍋割峠に着く頃には、またマンサクの出迎えが・・・

イメージ 7

心配をよそに、とっても素敵な色合い。
イメージ 8

過去4年間では、一番いいタイミングに訪れたようです!
イメージ 9

写真ではなかなか、きれいな黄色が表現できてませんが、
疲れも吹っ飛ぶ艶やかさ!

ついつい転びそうになるほど見惚れてしまいます^^
イメージ 10 

そして、カミさんも余裕で佐渡窪に到着!
イメージ 11

遠くから、山肌に点在するマンサクを見るのも、なかなかの眺めです^^

そして、お気に入りのスポットに辿りつくと、
イメージ 12

まだまだ、5分咲き程度でしたが沢山の花弁にシャッターも快調!
イメージ 13

もってきたマクロレンズが大活躍です^^

んで、
ここまでがマンサク鑑賞登山の終着点で、ここからカミさんとは別行動。

実は、ルークも一緒に来てたのですが、
タヌキなどイヌ科の動物が罹患する疥癬病が流行ってるらしくて、
ルークは車でお留守番。

したがって、カミさんは元来た道を引き返し、
私はと言うと、
とりあえず鉾立峠を目指すことにします。

んで、
カミさんと別れるときに、くたみ辺りで快調なペースで我々を追い抜いていった
オバサンと出会い、
帽子を落としたので引き返してる途中だとのこと。
そういえば、鍋割峠の下で茶色い帽子を見たのを思い出したので、そう告げると
また、風のような速さで引き返していきました。

あとでわかるのですが、この方、ただもんじゃありませんでしたw
イメージ 14

それから間もなく、あまり疲れることもなく鉾立峠に到着。
イメージ 15

これがその印。

ここまでくると、遥かにそびえる白口岳に登りたくなるのが人情というもの。
幸い、先ほどまでの体調の悪さはどっかに行ってしまったようで、なにも遮るものはない!

ということで、ここからはストックを使って白口岳の頂上を目指します。
イメージ 16

眼下に、ちい~さく見える法華院温泉の山小屋に後ろ髪を引かれながら、アタック開始。

快調なペースで5合目あたりまで一気に登れたのですが、ここからが悪戦苦闘!
田んぼのようなドロドロの泥道に足をとられ、一気にペースダウン。

それまで、十分と思っていた体力と時間を一気に失うハメに(>_<)

それでも、なんとか最後の急な岩場をしがみつくように登り切り、
イメージ 17

11:30無事頂上へ到着!

イメージ 18

この角度からみる大船山も結構カッコイイ!!
イメージ 19

坊がつるもあんなところに!
写真を手早く撮ったあとは、風も強かったので食事もとらず、
10分ほど休憩し、山頂をあとにしました。

本当は、ココから池の小屋を経由して牧ノ戸に降りる手はず(カミさんに車をまわしてもらう約束だったのだ)でしたが、
登りでかなり消耗したので、一気に沢水まで下りることにしました。
イメージ 20
んで、
分岐に来たところで、先ほどのパワフルおばさんに三度遭遇。

なんでも、あれから、また引き返し、沢水からの直登コースを登ってきたとのこと。
「これから、また下ります!」
と言い残して、また風のように消えてしまいました!
なんというパワー。

なんだか、自分がとってもみすぼらしく感じてしまいました(T_T)

イメージ 21

下山途中にもマンサクがあちこちに見られ、満足の下山でしたが、
まあ、しかし、なんとも険しい下り道です。

ストックが邪魔になるほど狭く、そして険しい岩場に辟易しながら、2時間かけてなんとか下山。
イメージ 22

駐車場に着く頃には、両足がパンパン。

あやうくつりそうになったのは、久しぶりの登山だったというだけではなさそうです。

日頃、くじゅう、くじゅうと言っても、比較的高低差の少ないコースに慣れていたせいか
今回のようなコースだと、すぐにボロが出てしまいます。

これは、しっかり鍛えなおさないと、GWにはとんでもないことになりそう(-_-;)
イメージ 23

帰りには、すぐ近くの赤川温泉で汗を流し、疲れをとりました。
やっぱ、温泉はサイコーです(^_^)/
イメージ 24

帰りに、瀬の本の売店で「いきなり団子」とコーラを頂きました。

ルークもたまらず、寄ってきましたが、
それにしても、登山の後ってどうしてコーラがうまいんでしょうね(^_-)-☆
イメージ 25

最後に撮ったマンサクの写真が一番枝振りがいいような・・・

実はコレ、赤川温泉の宿の脇に咲いていたモノ。

マンサク見るだけなら、別にきつい思いして山に登らなくていいジャン^^

最初から赤川温泉に車で来たらよかった、
なんてのは言いっこなしですよ(^_-)-☆
.

関連記事

  1. #その他スポーツ

    2009佐賀インターナショナル バルーンフェスタ

    今日、昨年に引き続きバルーンフェスタに行ってきました。今年はカミさ…

  2. アウトドア

    久々のくじゅう—「三俣山西峰」編

    昨年の10月初旬に行って以来だから、もう2ヶ月以上のご無沙汰。それも…

  3. アウトドア

    久住登山 (その2)—夜明け編

    1時半きっかりに迎えにきて頂いた先輩と、暗闇の中、笑顔で挨拶を交わし…

  4. アウトドア

    今年、初の大船山

    以前から、くじゅうに行こうと約束していた会社の仲間と、ようやく都合が…

  5. アウトドア

    GWは 坊がつるハイキング!

    連休中日の30日、こともあろうか、急遽、広島出張となり、夜遅く帰宅す…

  6. アウトドア

    指宿遠征—「開聞岳」登山

    昨年、「韓国岳」に登った折、「開聞岳」に登れば日本百名山のうち、九州に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP