アウトドア

山陰遠征 伯耆富士 大山!(その1)

最後の最後まで迷った今回の山行。

実は今月の13日頃から、軽い風邪のような症状が表れ、なんとなくダルい日が続いていたのですが、
翌週の16日頃から激しい腹痛に悩まされ、夜も眠れなくなる始末。

我慢しきれず、病院に行くとウィルス性の胃腸炎との診断。
それからというもの、油ものや生ものは一切ダメ、というか食べると激しい胃痛が起こるので
ほとんど、精進料理ばかりのような生活で、もちろん足腰のトレーニングなんて全くできない
日々だったのです。

しかし、連休は目の前。
昨年からの計画、山陰遠征はなんとか叶えたいの一心で、摂生生活を送ること10日間。
痩せ細った両脚の筋肉と引き換えに、なんとか山行の目途がたったのは出発の前日でした!

行くと決まれば準備は早いモノ(^^)v
切符の手配をバタバタと済ませ、当日26日の朝5時に出発です!

まあ、しかし、
やっぱ大山は遠い(^_^;

阪神電車やら新幹線やらJR(特急やくも)やら、最後は登山口までのバスを乗り継いで、
大山寺へ到着したのは10:20。

バス亭から見上げると、憧れの大山が目の前にそびえていました(^_-)-☆

イメージ 1 

あそこを登って行くんだなあ、感慨に耽っていると、この前までの体調の悪さはもうどこへやら、
ワクワク感を抑え、危うく、準備運動するのも忘れそうになりながらも、
さあ、スタートです!

イメージ 2

案内板で登山口の場所を確かめて、道路沿いに歩を進めると新緑越しに大山の雄姿!

ところが、
目的の登山口駐車場からのとりつき口がわからず、勝手に踏み固められた登山道らしきものを
辿って歩くも、なんかヘン(?_?)

GWなのに誰とも会わないなんて、道を間違えたかな?と思い、
10分ほど歩いてから、来た道を戻って前方から降りてくる人に尋ねると、やっぱり違ってた(^_^;

イメージ 3

う回路を教えてもらい、丁寧にお礼を言ってすれ違った瞬間、
その方がいきなり雪を踏み抜き転倒!(@_@)

幸い、大事には至らなかったのですが、私が呼び止めたばっかりに、ごめんさ~い!

んで、
正しい登山道との合流点を目指していると、

イメージ 4

いきなりの雪道(@_@)

20分ほどロスした上に、雪に足を取られながらヒ~コラ登って行って

イメージ 5

やっとなんとか合流地点へ到着!

見上げると、

イメージ 6 

いきなりの長い坂段!

ここで、すでに汗びっしょりでいい準備運動になったとはいえ、今後の展開が少々不安に・・(-_-;

イメージ 7

それでも「一合目」を過ぎ、

イメージ 8

ブナ林にさしかかると、小鳥たちのさえずりがシャワーのように降り注いできます(^_^)/

こういう清々しい気分は久しぶりだなあ、とか考えていると、気持ちにもやっと余裕が出てきて、
周りに目が行くようになりました。

イメージ 9

コブシや、

イメージ 10

ヤマザクラに目を奪われ、遅い山の春を実感!
イメージ 11

さあ、
呼吸を整えて、偉大なる伯耆富士 大山の頂上を目指して歩きましょう!(^_^)/
つづく

関連記事

  1. アウトドア

    粋なイタズラ

    先日の平治岳への山行。急な上り道の途中、坂の下から、苔むした切り株…

  2. アウトドア

    カタクリの花を求めて—ちょっぴり二日酔いの「雁俣山」

    今年のGWは絶対、カタクリの花を見に行くぞ!と年初から心に決めていた。…

  3. アウトドア

    家族で朝駆け—扇ケ鼻~天狗ケ城~中岳

    GW初日の28日の夜。急遽、家族会議で決まった今回の朝駆け。元々…

  4. アウトドア

    雲海のくじゅう—「中岳」

    9月の三連休。せっかくのまとまった休みなのに、カミさんは、というと…

  5. #読書

    雨の週末

    今週末、たぶんソババッケまで紅葉が降りてきてるだろうと予想してたの…

  6. アウトドア

    足慣らし登山—「三俣山」

    此間の日曜日、くじゅう方面は快晴との予報を信じ、行って参りました「三俣…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP