アルプス遠征

2012 屋久島遠征記(4) 苔むす森編

今日の宿、新高塚小屋に到着したのが、予定より40分早い15:20。

 

イメージ 1

 

理想的な時間に到着し、天気も良いのでテントの設営を考えていたのですが、
みんな考えることはおんなじ(^_^;

 

小屋前のデッキには既に、ところ狭しと5張りのテント。
空いているのは、傾斜地などの不整形地。

 

仕方がないので小屋の中を覗いてみると、60人ほどが定員の広さの中に4人のパーティが一組だけ。

 

これはラッキー!と、一番手前の二階にサッと陣取りました^^

 

イメージ 2 イメージ 3

 

ちょっとカビ臭いけど、天井のハンガーも使い放題なので、とっても便利(^_^)/

 

イメージ 4

 

早速、もってきたクリアシャワーシートで体の汗を拭います!
今は、こんな便利なものがあるので随分助かります^^

 

ひととおり片付けが終わると夕食の時間なんですが、例によってあんまり食欲なし(-_-;
胃がもたれているうえに、朝・昼は無理して詰め込んだものだから、お腹もあんまり空かない。

 

結局、翌朝の朝食に考えていたパスタにして、あとはドライフルーツで済ませました(^_-)-☆

 

食事を済ませれば、あとはすることもないので19:00にはシュラフにもぐり込みましたよ。

 

しばらくは、英会話レッスンを口実に、一生懸命山ガールを口説こうとしている
スケベガイジンの口説き文句を聞かされていましたが、
それも、もってきた強力秘密兵器「耳栓」により撃退!!

 

20:00過ぎにはスケベガイジンがフラれたようで、それも静かになって、
ちょうど定員いっぱいぐらいで落ち着いた小屋は、とっても暖かく、ぐっすり眠ることができました。

 

遠くに、木々の葉をたたく雨音を聞きながら・・・

 

ZZZZZ・・・
階下のゴソゴソする音で、なんとなく目が覚めたのが3:30。
みんな、早すぎとチャウ?

 

でも、この日の登山客は、みんなマナーがよくて夜中にまったく目が覚めませんでした^^
こんなことなら、重いテントは持ってこなくてよかったなあ~

 

とか、考えてるうちに頭も冴えてきて、我々も今日の準備を始めます。
お腹はというと、
軽めの夕食がよかったらしく、いつものスッキリした状態(^_^)/
ついでに、睡眠も深かったらしくアタマもすっきり!

 

天気はというと、夜中に結構な雨が降ったようで、外はまだガスがかかってましたが、雨は霧雨状態。
面倒くさいので、朝食はカロリーメイトウイダーinゼリー

 

イメージ 5

 

準備も整い、真っ暗な中出発したのはちょうど5:30でした!

 

二日目、最初のザックを背負って感じたのは、昨日より軽く感じたこと。
確かに食料は若干減ってますが、昨日は入れなかった予備の水一リットルがあるので
総重量は変わらないハズ。

 

きっと、身体がこの重さに慣れたんでしょうね^^

 

イメージ 6

 

歩いているうちに、ガスも晴れて雨の心配はなさそう!
これだと、森の中は適度な朝もやに包まれて最高の景色が見れるかも!

 

イメージ 7

 

目指すは、二日目最初のチェックポイント、「高塚小屋」です。
そこへ続く道も、良く整備された木道が案内してくれます^^

 

イメージ 8

 

「高塚小屋」に着いたのは、ちょうど出発から1時間後の6:30。
トイレ休憩を挟み、そそくさと出発!

 

だって、もうすぐ「縄文杉」に逢えるかと思うと、なんとなく気も焦ります(^_-)-☆

 

それから20分ほど歩くと・・・

 

イメージ 9

 

木製のデッキに囲まれた風景が目に入って・・・

 

イメージ 10

 

どどど~~~ん!

 

ついに大迫力の「縄文杉」がっ!!!
も~~、なんも言えねえ~~(@_@)
イメージ 11

 

朝早く出発したのは、日帰りで下から登ってくるツアー客が溢れる前に、
どうしてもご対面したかったから。

 

念願叶って、夫婦でパチリ!

 

いい記念となりました(^_-)-☆

 

本当は、朝日にオレンジ色に輝く縄文杉の写真を撮りたかったのですが、
東の空は雲が厚そう。
仕方なく、後ろ髪を引かれながら、縄文杉を後にします。

 

イメージ 12

 

途中、ほんのひと時だけ陽が射す時間帯があったのですが、

 

イメージ 13

 

こんな写真も撮れたので、ヨシとしましょう^^

 

ここから、ウィルソン株に至る道はいろんな木々が迎えてくれます。
イメージ 14

 

上下左右がよくわからなくなる杉の大木。
イメージ 16

 

昨日にも増して元気なカミさん(^_^;
イメージ 15

 

人が通るために、曲がってくれたような木。
イメージ 17

 

夫婦杉の前で。

 

道中、仲良くなったおじちゃん達ご一行に撮っていただきましたm(__)mアリガトネ~
この後、「大王杉」や「翁杉」など次々に現れてきますが、
段々と、下から登ってくる登山客とすれ違うようになってきました。

 

この分だと、ウィルソン株では混雑だろうなあ~(-_-;

 

でも、連休にお邪魔してるんだから仕方のないこと。
また、歩を進めます。

 

イメージ 18

 

なに杉か名前はわかりませんが、こうやって撮ってみると、その大きさがわかりますね(^_-)-☆

 

そうこうしているうちに、
突然、いきなり人だかりのする場所へ出ました!

 

イメージ 19

 

そう、
あの有名なウィルソン株までやってきました!
時間はちょうど9:00。ここまで3時間半の道のりでした^^

 

(本当は人がウヨウヨいたのですが、ソフトで消しちゃいましたw)

 

人がいようが、なんだろうが、とりあえず中から写真を撮らないと、ねッ(^_-)-☆

 

んで、並んで撮ったのがコレ。

 

イメージ 20

 

一応、ハートの形に撮るのがトレンドらしいので・・・(^_^;

 

でも、これだけの株が今も残っていることに感謝、感謝です。

 

イメージ 21

 

これだけ、人が多くなってくると昨日の登山とは全く違う趣ですが、自分のその中の一人。

 

入山させてもらってることに感謝しながら、
残り少なくなってきた、見どころを求めて山歩きは続きます!
さあ、

 

次回はいよいよ、感動のフィナーレ!

 

みなさん、

 

もう少しだけお付き合いくださいね!

 

つづく

 

.

関連記事

  1. アルプス遠征

    2012 屋久島遠征記 プロローグ

    思い立ったのは昨年の春。会社のビルの1階にテナントで入っていた山専…

  2. アルプス遠征

    北アルプス遠征—立山~五色ケ原~薬師岳(2日目)

    前日の立山からの工程では、準備不足かはたまた暑さのせいか、19:30に…

  3. アルプス遠征

    南アルプス遠征 — 貴公子と女王に逢いに(その2)

    目が覚めたのは、朝ちょうど3時。出発を4時と定めていたので、まさに…

  4. アルプス遠征

    憧れのスイスへ(3) — Silberhochzeit-Jahrestag

    【第4日目】いよいよ、今回最大の目的地のひとつ、マッターホルンの雄…

  5. アルプス遠征

    2012 屋久島遠征記 あとがき

    屋久島遠征記、あれだけ連載しといて、まだ書くんかい(-.-)と…

  6. アルプス遠征

    2018北アルプス 裏銀座縦走 後編

    今夏の北アルプスは天候が不安定。この日の予報も雨であったが、4時の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP