アルプス遠征

2013 北アルプス 表銀座縦走編 第二日目その2

本日2座目の「大天井岳」で記念撮影を撮り終え、大天荘を出発したのが10:45。

おっと、
その前に大事な水を補充したおかなきゃ。
ここは、200円で入れ放題なので助かります(^^)v

イメージ 1 

ここからは、ずっと下り道。
それも半端なく険しい、そして勾配のきつい坂道が続きます。

しかし、今までいっぱい登ってきたのに、ここからかなり下るのがなんだかもったいなくて・・・(^_^;

イメージ 2

左に、これまた深い谷を見ながらの細く、かつ高度感のある道は本当に緊張の連続。

明日、経験するであろう東鎌尾根がどれだけ険しいのか、
段々と実感するようになってきました(T_T)

イメージ 3

それでも、時折覗く「槍ヶ岳」の雄姿が少しずつ大きくなるのを見るにつけ力が湧いてきます(^O^)ヤルゾ~

イメージ 4

これまでの道があまりに怖かったので写真を撮るのを忘れていましたw

この道はかなり歩きやすい方ですよ。

イメージ 5

眼下に、チラッと「大天井ヒュッテ」が見えてきましたが、
こんな見え方をするってことは、かなりの急斜面を下らなければならないってこと(T_T)ヒエ~

イメージ 6 

そして、11:23。
「西分岐」に到着。
ここは、朝方「大天井岳」手前で分岐した道の合流点。

イメージ 7

11:30、「大天井ヒュッテ」に到着!

イメージ 8

見上げると、かなりの勾配でしょ?(^_^;

イメージ 9

んで、ここでお待ちかねランチタイム!

燕山荘で受け取ったお弁当です(^_^)/
オコワのおにぎりなので、食べやすかったのですが、左のおにぎりは中に栗が入っていて、
渇いた喉にはちょっとしんどかったなあ(^_^;

と、ここで
前日の「燕山荘」で夕食のテーブルが同じだった親娘連れと再会。
話をきいていると、
お父さんの還暦記念に「表銀座」縦走を思い立ったとのこと。

気さくなお父さんと優しそうな娘さん、それにガイド役をつとめてる姪御さんとの会話が弾みます!

この姪御さんがかわいかったんですよね~
この先、お話ししながら一緒に歩けると思って、ワクワクしてたんですが、
この方は、ここまで。
これから、「大天荘」に戻って一泊するとのこと。

北アルプスに咲いたtakeppeの淡い恋は、はかなく散ったのです(T_T)・・・ナンチャッテ

イメージ 10

さあ、
気をとり直してリスタート。

ビミョーな勾配の坂道を喘いでいると、突然、展望の開けた場所に!
その名も「ビックリ平」

名前の由来がはっきりとわかりましたw

イメージ 11

しかし、ここからの稜線歩きはよかった!
右手に、
さらに大きくなった「槍ヶ岳」を存分に堪能しながら道中です。
しかし、
明日、本当にあんなところに登るんかいな、と自分自身半信半疑(^_^;

この頃になると、午前中の曇り空がいつのまにかのピーカン。
照りつける日差しが、高所とはいえ厳しく降り注ぎます。

イメージ 12

高度が少々上がったところでチングルマの群落に遭遇。

昔読んだ、新田次郎の「雪のチングルマ」という小説を思い出させますねえ。

イメージ 13

眼前にそびえる「赤岩岳」はまいて行かなければならないほど、結構、疲れはピーク。

イメージ 14

ところが、この時、甲高い動物の鳴き声が!

なんだろうと、辺りを見回すと、なんとサルの親子連れが(^_^)/
子ザルの方はあっという間に姿を隠しましたが、なんとか親ザルの撮影に成功!

こういう出会いがあるとガンバロウ!と言う気になりますね(^O^)

イメージ 15

さあ、あともう少し!
という地点で現れた難所(T_T)

人が、あんなとこを登ってる!!

イメージ 16

近くまで来ると、こ~んな痩せ尾根!

両サイドを見ないようにして、必死に渡りきりました(^_^;ホッ
イメージ 17

そして、ついに!
時刻14:40、ほぼ予定通り本日の幕営地「ヒュッテ西岳」に到着!

幕営料と水代、それにここには牛乳もおいてあったので、全部で千円を払ってテン場へ向かいます。

イメージ 18

テン場へ向かう途中、「槍ヶ岳」が正面に!
イメージ 19

今回のテントもいつもと同じアライのエアライズですが、フライシートはDXではなくノーマル型。

すこしでも軽量化を図るべく、取り換えてきました!

イメージ 20

汗で湿った、衣類を干します。

この後、身体をふいていて、耳のうしろにタオルを当てると激痛がっ!
用心して触ってみると、すごい熱をもってます。

しばらく考えて・・・

そういえば、日焼け止めクリームを塗るとき、耳だけは塗るのを忘れたのに気づきましたw

これじゃあ、まるで「耳なし芳一」やんwって一人でクスリ。

これも、今回の貴重な反省点ですね(^_-)-☆

イメージ 21

テントの入口をあけると、目の前はこの景色!
至福のひと時です。
やはり、山荘とは違って自分だけの城という解放感!
テント泊をするとき、いつも頭に浮かぶのが
「起きて半畳、寝て一畳」という言葉。

こんな大自然に囲まれて寝起きをすると、いかに人間がちっぽけな存在であるか、

でも、そんなちっぽけな人間のわずか一歩ずつの歩みが、大きな歩みにつながっていく。

そんなことを、ついつい考えさせられます(^^)vキョウハシジンダナア~
イメージ 22

さあ、

明日はいよいよ、人生初の3千メートル級登山の日。

イメージ 23

夕暮れの山々を堪能し、ぐっすりと眠りましょうZZzz

  さあ、次回はいよいよ槍ヶ岳へむけての出発です!つづく・・・
.

関連記事

  1. アルプス遠征

    2012 屋久島遠征記 プロローグ

    思い立ったのは昨年の春。会社のビルの1階にテナントで入っていた山専…

  2. アルプス遠征

    憧れのスイスへ(2) — Silberhochzeit-Jahrestag

    【第3日目】この日は、前日宿泊したサンモリッツからクールまでを列車…

  3. アルプス遠征

    北陸遠征—「白山」 その1

    かねてよりの憧れ、南アルプスの「白根三山」縦走計画…

  4. アルプス遠征

    2013 北アルプス 表銀座縦走 第3日目その2槍ヶ岳登頂編

    槍ヶ岳山荘に到着したのが、ヒュッテ西岳のテン場を出発してから4時間半後…

  5. アルプス遠征

    憧れのスイスへ(5) — Silberhochzeit-Jahrestag

    【第6日目】スイス観光としては最終日の今日。 Victor…

  6. アルプス遠征

    北アルプス遠征—立山~五色ケ原~薬師岳(2日目)

    前日の立山からの工程では、準備不足かはたまた暑さのせいか、19:30に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP