アルプス遠征

南アルプス遠征 — 貴公子と女王に逢いに(その2)

目が覚めたのは、朝ちょうど3時。

出発を4時と定めていたので、まさにちょうどいい時間(*^。^*)

そう、

この日は帰りのバスが午後1時5分。

これに乗り遅れると、夕方5時まで待たなくちゃいけないのです。

この日目指す、南アルプスの女王「仙丈ケ岳」の往復は、昨日とほぼ同じ7時間半。

逆算すると、4時出発は必然の時間。

案の定、我々と同じ考えのテン泊組ばかりなので、

テン場は一斉に行動を開始です!(*^^)v
ぐっする眠れたので、体力は回復。

心配なのは前日ツッタ両脚のみ。

思ったほど痛みが残っていなかったのは、アルコール消毒のおかげ?(^_-)-☆

イメージ 1

予定より20分ほど遅い4:20にとりつきました。

いきなりの急登に、起き抜けの身体は若干悲鳴をあげましたが、

ひとあせかくと、それもなくなり、

それでも、ゆっくり、ゆっくりと歩を進めます。

イメージ 2

昨日の甲斐駒ほどではなくても、微妙にきつい勾配を耐えること約2時間!

藪沢分岐に到着すると、

やはり前情報のとおり、馬ノ背からのルートは雪の影響で通行止めとなっていました。

今日は、小仙丈ケ岳ルートのピストンです(^^ゞ

イメージ 3

雲が多いものの、まずまずの天気!

天使のハシゴが伸びそうで、伸びてくれませんでしたw

イメージ 4

豪快な雲に見惚れていると、

イメージ 5

前日登った甲斐駒がガスに煙っていました(*^^)v
イメージ 6 

目指す女王の頂きは、遥かこの向こう。

でも、貴公子とは全く異なる山容はやさしく包んでくれるようです(^^♪

イメージ 7

振り返ると、かなり高度を稼いできました!

そして、程なく・・・

イメージ 8

森林限界を越え、

雲も、遥か下方。

至福のひと時です(^^♪

イメージ 9

そして、約3時間かけて「小仙丈ケ岳」に到着!

イメージ 10

仲間との楽しいひととき。
イメージ 11

昨年辿った「鳳凰三山」の山々がくっきりと・・・

イメージ 12

さらに北方には「白根三山」も!

北岳は今年の夏かなあ・・・(*^^)v

イメージ 13

記念の写真!!

と、大休止を終えて、いよいよ「砂礫の稜線」を歩き出します!

イメージ 14

南アルプス独特の稜線!

これが醍醐味です(^_-)-☆

このカールが、日本にも氷河が存在したことを証明した第一号なんですよ!

イメージ 15

そして、8:21!

ちょうど4時間かけて、女王「仙丈ケ岳」の頂上へ到着!

強風と寒さに思わずヤッケをはおりますが、

これがフツーよね(^_-)-☆

昨日が暑すぎですw
イメージ 16

バスの時間があるので、

さっさと下山準備!

こういう写真は単独行ではなかなか撮れないですよね(^_-)-☆

結構な高度感でしょ?

イメージ 17

帰りは単調でしたが、「キバナシャクナゲ」や

イメージ 18

南アルプスでしか見れない「キタダケソウ」に励まされ、

イメージ 19

馬ノ背ヒュッテを経由してトラバース道を登り返し、帰途につきます。

イメージ 20

最後に、もう一度、「富士山」とお別れして二回目の南アルプス

別れを告げました!
さあ、

三度目に向けて、

また準備にかかるとするか!(^_-)-☆

.

関連記事

  1. アルプス遠征

    今年最初で最後の北アルプス — 常念岳(2)

    図らずも、女性ソロトレッカー3人との楽しいおしゃべりによって、とて…

  2. アルプス遠征

    南アルプス遠征 — 貴公子と女王に逢いに(その1)

    前回、八経ヶ岳に行った帰りに、次は南アルプスに行きませんか?&nb…

  3. アルプス遠征

    2013 北アルプス 表銀座縦走編 第二日目その2

    本日2座目の「大天井岳」で記念撮影を撮り終え、大天荘を出発したのが10…

  4. アルプス遠征

    2018北アルプス 裏銀座縦走 後編

    今夏の北アルプスは天候が不安定。この日の予報も雨であったが、4時の…

  5. アルプス遠征

    2013 北アルプス 表銀座縦走 第3日目その2槍ヶ岳登頂編

    槍ヶ岳山荘に到着したのが、ヒュッテ西岳のテン場を出発してから4時間半後…

  6. アルプス遠征

    今年最初で最後の北アルプス — 常念岳(後編)

    図らずも、女性ソロトレッカー3人との楽しいおしゃべりによって、とて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP